救急救命に貢献します

http://meditekn.blogspot.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

pedheart

2009-04-25 23:31:15 | 心電図
pedheart


http://www.kuronowish.com/~davinci333/pedcath7/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一酸化炭素ガスモニター付きスパイロメータ

2009-04-25 23:17:07 | 臨床検査
一酸化炭素ガスモニター付きスパイロメータ


http://plaza.umin.ac.jp/~smupedcs/links/cospiro/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間的な良い医療を目指して 

2009-04-19 17:33:52 | 心電図
 実地医家のための会 創立者  永井友二郎

はじめに
 本学会は創立31周年にあたります。これは明治政府が西欧の近代医学を取り
入れてほぼ140年ということからかんがえると、われわれのプライマリ・ケア
活動もその三分の一になった、かなりの歴史を積み上げてきたわけであります。
 そこで、現在のわが国の医療の状態をみると、われわれはいま、医療危機、医
療崩壊のなかにいながら、まだ本質をついた議論がないと思います。私はこの問
題の本質は、大学や病院が抱える矛盾だけでなく、われわれのプライマリ・ケア、
そして医療行政、さらに医療全体のひずみにあると思っています。
 はじめに、医療とはどういうことか、私はこれは ひとりひとりまったくちがっ
た育ち方をし、生活をしている病人にたいして、いちどきりの、やり直しのきか
ない、命がけの侵襲をあたえることと考えています。 
 そしてわれわれがよりどころとしている現代医学は、たいへん高いレベルに進
歩しているといわれ、その事実もたしかにありますが、同時に、有名な川喜田愛
郎教授が述べられているように、
 「医学は今日、完成したものでなく、開発途中にあり、どぎつい表現をすれば、
医者はいつも病人に欠陥商品を売りつづけている。しかも、医者はこのことをや
めるわけにゆかず、それを売り続ける義務さえある、」  これが現実でありま
す。
 私は医療とは、本来こうした本質を持つものである、そしてつねに予期せぬ医
療事故の起こる危険をはらんでいるという認識がまず必要だと思います。 それ
で、私たちは日頃、多く先端医学を追うことにつとめていますが、この先端医学
のみでは病人の期待する不安解消にはなりえない、このことを深く認識する必要
があると思います。
 このために、われわれは進歩した先端医学を支える病人中心の幅広い英知、医
療学が必要であります。 本日は 「人間的な良い医療を目指して」 この欠陥
商品である医学を補い、支えるもろもろのものについてお話したいと思いま
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先生の ホ-ムページ の作成

2009-04-19 17:27:34 | 生理検査
拝啓 貴院ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 先生の ホ-ムページ の作成
         (英文も可)

下記の場合は、無償で 承ります。
a. 先生の手持ちのプロバイダ内に掲載する。
b. 先生のご採決内にあるプロバイダ、もしくはサーバ内に掲載する。
c. 広告は多少ヘッドに載るが、無償サイトに掲載する。

また、掲載に際しての弊社からのサービスとして、関係先に登録を
代行します。掲載を専門とするサイトでの簡単な掲載等です。
                        敬具

   インターネット機能、パソコンラン機能、
   12誘導解析付きパソコン心電計輸入発売元
              メディカルテクニカ有限会社
           
    e-mail medicalteknika@hotmail.com
   http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/  
追伸 インターネット上の医学、医療、健康 等のサイト
    の一般的案内も承ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠隔医療学会

2009-04-19 17:22:56 | 臨床検査
遠隔医療学会 JTTA2009 平成21年
及び学会付帯医療機器展示会出展募集

  平成21年10月10日(土)、11日(日)
  くまもと県民交流館 パレア
  大会長 田代祐基 医療法人 帯山中央病院 理事長
  副会長 足立國功 熊本ソフトウエア株式会社 代表取締役社長
  副会長 米満弘之 熊本機能病院 理事長
  実行委員長 宇宿功市郎 熊本大学医学部付属病院
              医療情報経営企画部 教授
  事務局長 立石憲彦 長崎県立大学 教授
  連絡先 電話096-382-6111
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心音、腹部音、気管支音、等用

2009-04-19 17:18:50 | 心電図
詳細はこちら

http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/cardiosimul/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冠動脈多肢病変に対する開胸手術法とカテーテル治療法

2009-04-19 17:11:17 | 心電図
冠動脈多肢病変に対する開胸手術法とカテーテル治療法とは、
長期の経過を診た結果はどちらが一般的に優れているか

世界医療学会誌 Lancet に於ける注目記事

本テーマはすでに、統計や論議が20年以上検討されている。
開胸手術では、ミニマルインベイシブ法が導入され、極めて
限定的に、かつ侵襲度も比較的に少なく、完全な心停止を
せずに実施されるようになってきたことも一つの要因で
あろう。また、カテーテル法では、いろいろ工夫されたステント
が一般化されてきたが、結局異物を体内に置き去りに
することには変わりなく、異物反応から避けて通れない
とのことであろう。
具体的なコメントとしては、7812人の患者の長期観察で、
55歳以下ならば、カテーテル法でもよい結果がでている。
結局、3月から4月にかけての一連の記事から、
開胸手術法が勝るとの結論がデータが示しているようで
ある。
ケアネット4月16日号、
Lamcet Apr 4 373(9670) Stanford大、Oxford大、 
Lamcet Online Mar 19 Stanford 大、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加