救急救命に貢献します

http://meditekn.blogspot.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第2回 医療コミュニケーション・フォーラム』

2006-01-07 01:00:38 | Weblog
The Medical & Wellness Coaching Forum 2006
第2回 医療コミュニケーション・フォーラム』
テーマ:理想の医療コミュニケーションを目指して
~ コーチング Coachingの活用 ~ 

IWMCウェルネス&メディカルコーチ研究会理事長 (鱸[すずき]伸子)
、杏林大学保健学部臨床内科学教室(柳澤厚生教授)、
東海大学医学部血液・腫瘍内科(安藤 潔教授)は、
「理想の医療コミュニケーションを目指して~コーチングCoachingの活用~」
というテーマで医療コミュニケーション・フォーラムを開催します。
IWMCは、ウェルネス&メディカルコーチングの社会的認知をはかり、
グローバルな視点で参加する会員すべてに、有意義な情報交換の場を
提供している団体です。
ここ2-3年、日本の医療・教育分野にも急速にコーチングは浸透しつつあり、
特に看護師・保健師・栄養士の間ではブームになりつつあります。もはや、
コーチングはビジネス界のものだけではなくなってきました。
今回は"ウェルネス&メディカルコーチング”が、医療職者と患者との間に
起こりうる様々なコミュニケーションの問題を解決していく可能性を
ご紹介するほか、日本で初めて新しい医療専門職「ウェルネスコーチ」と
「メディカルコーチ」を提案します。
講師には、医療現場でコーチングを活用している最先端の方々をお迎えし、
医師、看護師、保健師、臨床検査技師、栄養士、臨床心理士、社会福祉士、
介護、福祉など医療に関わる全ての方、そして
患者・家族の方々、コーチを対象に開催します。

◆プログラムの内容
1.「コーチングとパーソナルロードマップ」
杏林大学保健学部臨床内科学教室教授・日本コーチ協会理事 柳澤厚生
2.「コーチングライブ」
~意識するコミュニケーション・・・普段の会話との違いを体験しよう!~
3.「あなたの現場にきっと役立つ体験談
~変化は起きた!・・・IWMC会員の各分野の導入事例~
4.「コーチング ~がん患者をサポートする~」
東海大学医学部血液・腫瘍内科教授 安藤 潔
5.「連想ゲームで創るパーソナルミッションステートメント」
オフィスSerendipity 代表取締役・IWMC理事長 鱸 伸子

◆日時:2006年2月18日(土)13:30~16:30(受付13:00~)
◆会場:笹川記念会館 東京(田町)http://www.sasakawahall.jp/
◆参加費:IWMC会員2,000円 IWMC非会員3,000円 学生500円
◆定 員:先着200名
◆申込み:IWMC事務局までメールまたはファックス
※参加希望者は、IWMC事務局まで電子メールまたは
ファックス<03-3284-3548松本>でお申込みの上、参加費を下記まで
お振込みください。ご入金の確認をもって正式な申込みとさせて
いただきます。
振込手数料は各自ご負担お願いします。
<振込先>三井住友銀行 渋谷駅前支店 (普)3451787
インスティテュートウェルネスメディカルコーチ事務局 代表 鱸 伸子

■主催 IWMCウェルネス&メディカルコーチ研究会/杏林大学保健学部
臨床内科学教室/東海大学医学部血液・腫瘍内科学教室
■お問合せIWMCウェルネス&メディカルコーチ研究会
 iwmc@kyorin-u.ac.jp 
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加