goo

吉川学長の辞退願承認 京都府立医大

【出所:2017年3月7日 共同通信社】

 暴力団組長を巡る京都府立医大病院(京都市)の虚偽診断書作成事件で、府立医大の学長選考会議は6日、体調不良を理由に4月からの3期目就任を辞退すると表明した吉川敏一(よしかわ・としかず)学長(69)の辞退願を承認した。

 大学によると、選考会議は「辞退はやむを得ない」として全員一致で承認したという。吉川氏は3月末で退任し、新しい学長については25日に最終候補者が決まる見通し。

 吉川氏は現在2期目。2月の記者会見では、虚偽回答書作成への関与を否定し、組長とも飲食店で偶然会っただけなどとして、続投に意欲を示していた。しかし「不安抑うつ状態で安静療養が必要」と診断され、体調回復の見通しが立たないとして、今月2日に3期目辞退を大学側に伝えた。

 選考会議は1月、吉川氏の3期目就任を決めていた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« (山形)胃が... 違法な再生医... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。