goo

沢井製薬が米後発薬を買収 1175億円、全株取得へ

【出所:2017年4月21日 共同通信社】

 沢井製薬は20日、米国のジェネリック医薬品(後発薬)メーカー「アップシャー・スミス・ラボラトリーズ(USL)」を10億5千万ドル(1155億円)で買収すると発表した。仲介料を含めると、買収総額は約1175億円になる。子会社を通じて6月末までに全株式を取得する。世界最大の後発薬市場である米国に本格的に進出する。

 USLは1919年設立。研究開発から販売までを手掛ける。沢井製薬によると、2016年12月期の売上高は約4億ドル(約440億円)で、米国の後発薬メーカーでは28位。

 沢井製薬の沢井光郎(さわい・みつお)社長は20日、大阪市の本社で会見し「われわれの製剤技術とUSLの販売網やブランド力を掛け合わせれば米国でスピード感を持って事業を展開できる」と強調した。生産設備や販売網を活用するとともに、規制当局への対応のノウハウを得る。

 沢井社長は国内外の後発薬市場に関し「(日本では)65歳以上の人口は減らず、まだまだ成長できる。米国事業を日本に続く第2の柱にしたい」と収益拡大に意欲を見せた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 頭痛を放置し... 複合現実で神... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。