goo

虚偽診断書作成罪で起訴 民間大手の担当医、京都 職員、組員は処分保留

【出所:2017年4月19日 共同通信社】

 指定暴力団山口組淡海一家の総長高山義友希(たかやま・よしゆき)受刑者(60)を巡る虚偽診断書作成事件で、京都地検は18日、虚偽診断書作成・同行使の罪で、民間大手「康生会武田病院」(京都市)の担当医全栄和(チョン・ヨンファ)容疑者(62)を起訴した。一緒に逮捕された病院職員(45)と指定暴力団会津小鉄会系組員(48)は処分保留とした。地検は処分理由や認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、検察への回答書の内容は心臓病専門家の全被告が考え、病院職員が下書きを作ったとみられる。重篤な症状ではなかったが、回答書には「心室性不整脈がおおむね7千~1万回は出現している」などと記載。暴力団側から全被告と職員には、現金や商品券約150万円相当が渡っていた。全被告は逮捕時「医師として普通のことをしただけ」などと供述し、容疑を否認していた。

 起訴状によると、2016年1~2月、高山受刑者に関する大阪高検の病状照会に「心室性不整脈はかなり重篤」などと、虚偽の回答書を提出したとしている。

 高山受刑者に腎移植をした京都府立医大病院の吉村了勇(よしむら・のりお)前病院長(64)らも大阪高検に回答書を提出。京都府警は今年2月、今回と同様に虚偽だった疑いがあるとして、同病院や府立医大の吉川敏一(よしかわ・としかず)前学長(69)宅を家宅捜索し、現在も捜査を続けている。

 一方、府警は18日、暴力団の関与を隠して建設業の許可を得たとして、建設業法違反の疑いで釈放された組員を再逮捕した。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 効果期限切れ... 昏睡強盗で二... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。