goo

オプジーボ効果、純利益が2.2倍に 小野薬品工業 17年3月期

【出所:2017年5月12日 朝日新聞】

 がん治療薬「オプジーボ」を製造・販売する小野薬品工業の業績は、国の判断で大きく動く。国の承認を受けて用途が拡大した追い風を受けて、2017年3月期の純利益は前年の2・2倍に増えた。だが、今年2月に薬価が半額に下げられたことで、18年3月期はふたたび純利益が半減する見通しだ。

 11日、発表した。17年3月期は、売上高が前年比52・7%増の2447億円で、557億円の純利益とともに過去最高だった。

 今後も、さまざまながんに対応させ、販売量は増えていく見通し。だが、薬価は国が決めるルールだ。18年度からは新たな算定ルールが導入される予定で、さらに値下げの可能性もある。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 遺伝子制御し... 精神・発達障... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。