goo

「2万~3万円安く購入」 偽造C肝薬、奈良の薬局

【出典:2017年1月25日 共同通信社】

 C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品が奈良県の薬局チェーンで見つかった問題で、薬局を運営する「関西メディコ」(同県平群町)が24日、取材に応じ「ボトル1本当たりの価格が正規の販売ルートより2万~3万円安い業者からも購入していた」と説明した。

 同社は、ハーボニーを製造する米製薬会社ギリアド・サイエンシズが指定した卸売販売業1社から正規品を購入していたのとは別に、安価で計4社から仕入れていた。ギリアド社から、患者に渡す前にボトルを開けないよう説明を受けており、中身は確認していなかった。

 正規品と同じボトルで、製造番号やメーカー名も記されており、見分けが付かなかったという。偽造品には正規の箱がなかったが、関西メディコの担当者は「ボトルは密閉されており、中身が偽造品かどうか疑う余地はなかった」と話した。

 奈良県は、関西メディコが運営する「サン薬局」の全59店舗を調査し、新たな偽造品は見つからなかったとしている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« そううつ病の... (どうしまし... »