goo

(三重)救急コールカード:8言語に対応 伊勢志摩観光機構が1万枚配布へ

【出典:2017年9月23日 毎日新聞(三重)】

 伊勢志摩観光コンベンション機構は英語やスペイン語など8言語に対応した「救急コールカード」1万枚を外国人観光客向けに配る。伊勢志摩サミットを契機に志摩広域消防組合が2016年7月に作成したカードを、伊勢志摩エリア全域で活用するため、同機構が増刷した。

 カードは縦7センチ、横16センチ。英語、中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、韓国語で「私の代わりに119番通報してください」と書かれている。緊急時に外国人がカードを提示し、スムーズに意思の疎通が図れるようにしている。

 各市町の商工会議所などを通じて、旅館やホテル、土産物店など観光施設に置かれ外国人に配布する。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« (岡山)体験... 精子幹細胞に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。