goo

(山形)金山で「がん探知犬」検査始まる 町民「長生きしたい」「絶好の機会」

【出所:2017年5月15日 山形新聞】

 金山町が本年度導入した、「がん探知犬」を活用するがん検査事業が12日、スタートした。がんの早期発見につながることが期待されており、40人近い町民が受けた。

 3地区の住民を対象にした通常のドック検診、がん検診と特定健診が町農村環境改善センターで行われ、その受診者のうち、今回の検査に同意した人が別のブースで事業の一連の流れなどを町職員から聞き、採尿を行った。

 最初に検査を受けた無職丹和夫さん(80)=荒屋=は「もっと長生きしたいし、若い人に迷惑は掛けたくない。だから徹底的に調べてほしい」。60代の無職の男性は「町が考えてくれたいい事業で、絶好の機会。がんを見つけるために来たので、怖さはない」などと話した。

 検査を受けられるのは、事業に同意した40代以上。12月まで実施する町の各種検診を受けた際に採尿する方式。尿は町が提携する日本医科大千葉北総病院(千葉県)に送られ、がん特有のにおいに反応するがん探知犬に嗅がせたり、におい判別装置を使ったりして分析する。検査から約3カ月後に結果が届く。該当者が出た場合、町と同病院でフォローしていく。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「男性不妊」... 政治献金に1... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。