goo

政治献金に150万円流用 和歌山市の社会福祉法人

【出所:2017年5月15日 共同通信社】

 和歌山市の社会福祉法人「ハッピーステーション」が昨年、会計責任者を法人理事長が務める政治団体への献金として、法人会計から150万円を流用していたことが13日、市への取材で分かった。補助金や税制上の優遇措置がある社会福祉法人は、法人外への資金拠出を厚生労働省が通知で禁じており、通知に違反した形だ。

 市によると、ハッピーステーションは昨年1月、介護福祉業者でつくる政治団体「和歌山県介護福祉連盟」に、法人名義で150万円を献金。市は厚労省の通知に違反するとして、法人会計への戻し入れを求め、法人は同9月に応じた。

 政治資金規正法は労働組合や職員団体、その他の団体が政党や政治資金団体以外に献金することを禁じている。総務省は、社会福祉法人の献金はこの規定にも抵触する可能性があるとしている。

 また、この法人は2013年度にも県外の社会福祉法人やNPOに計38万円の寄付をしていたことが、市の監査で発覚。市指導監査課の担当者は「監査で2回続けて指摘を受けており、誠に遺憾だ」と指摘した。

 法人理事長は共同通信の取材に対し、法人を通じて「多忙のため取材には対応できない」と回答した。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« (山形)金山... 保育中の死亡... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。