goo

iPSがん化リスク防ぐ 京大、効率除去法を開発

【出所:2017年5月19日 共同通信社】

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)からさまざまな組織などを作り出す際、がん化のリスクのある細胞を効率的に取り除く手法を開発したと、京都大の斉藤博英(さいとう・ひろひで)教授(生命工学)らのチームが18日付の海外科学誌電子版に発表した。

 iPS細胞から作った組織などを移植するとき、未分化なiPS細胞が残っているとがん化の恐れがある。

 チームは「短時間で簡便に除去できる。iPS細胞を利用する再生医療の安全性を高めるのに役立てたい」としている。

 チームは、iPS細胞の表面にある酵素と結合すると、iPS細胞を死滅させる「D―3」というペプチド(アミノ酸化合物)を合成。実験でiPS細胞から作った心筋細胞と、未分化なiPS細胞の混合物に、D―3を加えて約2時間浸すと、未分化なものだけを除去できた。

 この混合物をマウス4匹の精巣に移植すると、全てでがんになる可能性がある腫瘍ができたが、混合物にD―3を約1時間加えてから移植すると、どの個体にも腫瘍ができなかった。

 薬剤を使うこれまでの除去法では24時間以上かかっていたという。

 注)海外科学誌はセル・ケミカル・バイオロジー
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 箱なし薬:原... 劇症肝炎抑え... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。