goo

野草アザミの成分に「アルツハイマー改善効果」…国立循環器病研究センター

【出所:2017年4月5日 読売新聞】

 野草の一種から取れる物質に、アルツハイマー病の症状を改善させる効果があると、国立循環器病研究センターの斉藤聡医師(脳神経内科)らのチームが4日、英国の神経疾患専門誌に発表した。マウスの実験で確認した。

 人の場合、軽度の患者で効果が期待できるとし、今年度内に薬の開発へ向けた臨床試験(治験)の開始を目指す。

 アルツハイマー病患者の多くは、異常たんぱく質の「アミロイドβ(Aβ)」が脳内の血管周辺で結びつき、塊となって蓄積することで、認知機能や血流が低下する。

 野草のアザミの成分で、「タキシフォリン」と呼ばれる物質には、Aβ同士が結びつくのを防ぐ働きのあることが知られている。実験で、アルツハイマー病のマウスに、この物質を混ぜた餌を食べさせたところ、何もしないマウスに比べ、塊となったAβの量が、約4分の1に減少した。記憶力を調べるテストでも通常のマウスと同等の成績を保った。

 脳血管障害に詳しい星ヶ丘医療センター(大阪府枚方市)の松本昌泰病院長は「人でも有効であれば、血管周辺の異常たんぱく質の蓄積を防ぐことで、アルツハイマー病の予防や進行を防ぐことも期待出来る」と話す。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 入所者やけど... 薬剤師の男性... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。