goo

劇症肝炎抑える化合物 新薬に期待、東北大

【出所:2017年5月19日 共同通信社】

 東北大大学院などの研究グループは18日、劇症肝炎の進行を抑える効果がある新たな化合物を開発したと発表した。肝移植以外に有効な治療方法はなく、新薬の開発が期待できるという。

 同グループによると、劇症肝炎はウイルス感染などで急速に肝細胞が破壊され、肝臓が壊死(えし)して機能不全になる病気。国内で年間約400人が発症し、肝移植などを行わない対症療法のみの場合、致死率は5割以上とされる。

 グループは、劇症肝炎になると血液中に増え、炎症や組織が硬くなる「線維化」を引き起こすタンパク質に着目。これらの作用を抑制する化合物を開発した。

 薬物で肝炎の状態にしたマウスで実験したところ、化合物を投与したマウスは投与していないマウスに比べて肝機能の異常を示す数値が5分の1程度になり、ほぼ正常値を示したという。

 慢性腎臓病や関節リウマチにも効果が見込め、東北大大学院の阿部高明(あべ・たかあき)教授は「化合物の構成が複雑ではないので、比較的低価格な治療薬として患者に提供できるだろう」としている。研究成果は15日付の英科学誌電子版に掲載された。

 注)英科学誌はScientific Reports
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« iPSがん化... がん患者さん... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。