goo

茅ケ崎市立病院の薬品盗難事件 容疑者「売るつもりだった」

【出所:2017年4月18日 神奈川新聞】

 茅ケ崎市立病院で薬品が盗まれた事件で、窃盗容疑で逮捕された同病院の薬剤師の容疑者(32)が「(薬品を)盗んだことは間違いない。自分で使用するのではなく、売るつもりだった」と否認から一転、容疑を認める供述をしていることが17日、茅ケ崎署への取材で分かった。

 同署によると、容疑者は勤務中だった14日、同病院地下1階の薬品倉庫で、薬品7箱(時価計54万円相当)を盗んだ、として逮捕された。薬品倉庫内の監視カメラには、同容疑者が薬を盗む様子が写っていたという。

 同病院では3月下旬、白血病治療などに使用する薬品7箱(時価計34万5千円相当)がなくなっており、同署は関連を調べている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 千葉大生に実... 骨折防ぐ薬で... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。