goo

レシピ集:地元野菜、減塩メニューで 県東部健康福祉センターが作製

【出所:2017年5月13日 毎日新聞(静岡)】

 県東部健康福祉センターが「地産地食の野菜レシピ集」(A5判・表紙含め16ページ)を作製した。地元産野菜を食べてもらうのが趣旨で5冊目。今回は「おいしく減塩」と減塩に特化したメニューを紹介した。

 同センターによると食塩摂取量は1食2~3グラムが望ましいが、取りすぎる人が多い。そこで主菜や汁物なら1グラム以下、副菜なら0・5グラム以下を目安にメニューを紹介した。一汁三菜でも3グラム以下に抑えられるという。

 こだわったのが、おいしさ。塩分少なめでもおいしい料理をと、「野菜たっぷり ひらひら豚しゃぶ」なら、ゆずを。「ハーブが香るチキンと野菜のオーブン焼き」なら、ハーブと黒こしょうを、それぞれ利かせた。

 担当した同センターの管理栄養士、宇都木志のぶさんは「若くて元気な時から減塩すれば病気になりにくいことは証明されている。健康な人も減塩を考えてほしい」と話している。8000部発行。今までのレシピ集も含め、県東部健康福祉センター健康増進課のホームページからダウンロードできる。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 外傷性脳損傷... 大腸ポリープ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。