goo

体重、毎日量って健康管理を 新潟南区がキャンペーン

【出所:2017年5月19日 新潟日報】

 新潟市南区は、毎日体重を量り、健康管理につなげてもらおうと「はかろう体重!大作戦」と題したキャンペーンを2017年度も展開している。30日間体重を記録した人に区内のスポーツ施設などで使える割引券をプレゼントし、健康維持を後押しする。区は「自分の体に関心を持って、健康を意識するきっかけにしてほしい」と参加を呼び掛けている。

 区健康福祉課によると、南区は14年度、農家や自営業者らが加入する市国民健康保険(国保)の医療費で糖尿病や高血圧、脳梗塞の1人当たり診療費が8区の中で1番高かったという。

 このため、少しでも健康に関心を持ってもらおうと16年度にキャンペーンを企画した。同時にミニドック型集団健診の特定検診を行うなど健康促進に力を入れている。

 キャンペーンは4月から10月末まで。16年度は30日間の計測達成者が約400人いた。今年4月から取り組む南区東笠巻のパート職員小柳純子さん(54)は「毎日体重を量ることで増減を意識するようになった。健康維持の目安にしたい」と話す。健康福祉課のアンケートでも「家族で健康を意識するようになった」「体重計に乗るのが楽しくなった」などの意見が寄せられているという。

 対象者は3歳以上の区民のほか、南区で働く人や区内の学校に通う生徒ら。記録カードは区役所や出張所、各コミュニティ協議会などでもらえ、1日1回、30日間体重を記録する。カードは区のホームページからもダウンロードできる。

 カードを区役所などに提出すると区内のスポーツ施設や観光農園で使える割引券がもらえる。キャンペーン終了後、抽選で南区の特産品がもらえる特典もある。

 健康福祉課は「家族や会社仲間などで楽しく取り組んでほしい」と話している。問い合わせは同課、025(372)6385。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« (山形)重粒... (和歌山)総... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。