goo

酸化ストレスで病状改善 妊娠高血圧症候群に効果

【出所:2017年5月17日 共同通信社】

 東北大大学院の鈴木教郎(すずき・のりお)准教授(酸素医学)らの研究グループは、体に悪影響を及ぼすことが多く、胎児の発育を妨げる妊娠高血圧症候群の一因とされてきた「酸化ストレス」に病状を改善する意外な機能があることを、マウス実験で明らかにしたと、17日付の米科学誌電子版で発表した。

 鈴木准教授は「悪玉因子と考えられてきた酸化ストレスに良い効果があることが分かった。人に応用できるよう、今後さらにデータを集めたい」と話している。

 グループによると、妊娠高血圧症候群は、妊婦の3~5%が発症する。母体から胎児に栄養素を送る胎盤の血管が減少し、胎児の成長を阻害。母体にも臓器障害などが生じる。同症候群になった妊婦にも、細胞を傷つける活性酸素が細胞内にたまった「酸化ストレス」の状態が見られ、病気の一因とされてきた。

 グループは、妊娠中に高血圧を起こすマウスで、酸化ストレスのレベルを変化させる実験をした。妊娠高血圧マウスは妊娠中に約20%が死んだが、レベルを下げると、胎盤の血管は減り、致死率は40%に上昇。レベルを上げると胎盤の血管は正常に形成され、致死率は5%以下だった。

 注)米科学誌はサイエンス・シグナリング
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 勝手にワクチ... 名誉毀損容疑... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。