goo

心筋:マウスに再生力 細胞分裂を世界初確認 大阪大

【出所:2017年5月5日 毎日新聞】

 大阪大の研究グループが、大人のマウスの心筋細胞が増殖して組織を再生する力を持っていることを世界で初めて確認した。哺乳類の心筋細胞は生後すぐに分裂がほぼ止まり、心筋梗塞(こうそく)などで損傷を受けた組織の自力修復は難しいと考えられてきたが、分裂を制御することで治療できる可能性が浮上した。研究成果は3日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に掲載された。

 淡水魚のゼブラフィッシュなどは、成体でも心筋細胞が分裂して心臓の損傷を修復できる一方、哺乳類にはこうした力はないとされてきた。研究グループは、大人のヒトやマウスも心筋の炎症が自然に治ることもあることに注目。成体の哺乳類の心筋細胞にも分裂能力があるのではないかと考えた。

 この仮説を確かめようと、心筋炎を起こしたマウスの心筋細胞に目印をつけ、回復過程を観察。すると、細胞が分裂して増え、損傷を受けた組織を修復していた。また、ゼブラフィッシュの心筋細胞の分裂に必要なたんぱく質をマウスで欠損させたところ、修復能力が低下した。これにより、ゼブラフィッシュとマウスで心筋細胞の分裂の仕組みが共通している可能性が高いことが分かった。

 研究グループの藤尾慈(やすし)教授(循環薬理学)は「ヒトの心筋細胞も分裂能力がある可能性が高い。メカニズムが分かれば、新しい心不全の治療法につながる可能性がある」としている。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 難病プリオン... 無届けで臍帯... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。