MEDIATE-cafe

女性医師のための適職支援サイト メディエイト公式Blog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ごあいさつ

2020-01-11 00:27:31 | 日記
人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビ
http://www.mediate-sangyoui.jp/


結婚・出産・育児などで医療現場から遠ざかり、
再び医療に携わる仕事への復帰を願う女性医師のために。
このような願いを実現することから、メディエイトはスタートしました。

一方、医療施設や産業医を必要としている企業のお声にも耳を傾けました。
医療施設がかかえる人材ニーズに、迅速・的確にお応えしたい。
そして様々な業種の企業が抱える、産業医ニーズを柔軟に解決したい。
現在メディエイトは、このような医師や医療に関わるさまざまな課題に
豊富な医師登録数と全国対応の実績を活かしてお応えします。

メディエイトが常に心がけているのは”人材と仕事のベストマッチ”。
職を求める人と人材を求める施設・・・双方から喜んでいただける、
真に頼れる人材紹介パートナーを目指しています。






専属産業医・嘱託産業医をご紹介します。
女性医師のための適職支援サイトhttp://www.mediate.jp/
人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビhttp://www.mediate-sangyoui.jp/

 
 株式会社 MEDIATE
 東京都渋谷区恵比寿西2-8-4 平陽ビル 4F
 TEL:03-5728-6512  Email:support@mediate.jp


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症の救世主!?免疫療法[②免疫療法の種類と方法]

2015-04-20 15:43:42 | 産業医
こんにちは。産業医KMです








免疫療法には、「注射」と「舌下療法」があります。ここでは舌下療法について詳しくご説明します。


舌下療法の方法ですが、シダトレンという名前のスギ花粉を含むエキスを舌の下に滴下し、
舌の下に保持したまま2分間そっとしておき、その後に飲み込みます。


これを最初の2週間で徐々に量を増やしていき、3週目からは同じ量の薬を毎日舌下投与します。
1 回目の舌下投与の際は、患者の変化を専門医が見ながら医療機関で行ないますが、
以降は毎日自宅で行う事が可能です。

この治療は、スギ花粉の飛散が始まる3ヶ月以上前から開始すると効果的で、
安全に行なうために花粉の飛散する時期には開始できません。ですので、1月中旬から5月末は
治療を開始できないと考えてください。


毎日の通院は不要ですが、最初は2週間に1回、その後も月に1回の通院が必要です。
またこの薬はどこでも処方できる訳ではなく、あらかじめ教育講習を受けた医師しか処方することが
できません。
インターネット等であらかじめ処方可能な医療機関を確認してから受診しましょう。










この舌下療法は、重篤な副反応はきわめて稀(海外での実績)で、従来の注射による方法より
かなり安全とされています。
しかし、軽い副反応はありますので、治療時にはその点をよく理解しておく必要があります。


また、毎日の舌下投与を4年以上も行ないますので、従来通り花粉の時期の数ヶ月間だけ、
飲み薬等での治療を繰り返すほうがよいか、毎日舌下免疫療法をするのがよいかを専門医と共に
考えていく必要があります。







現代社会では、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、高血圧、高尿酸血症、心臓・脳血管障害などの持病を持つ社員の方も増え、
生活習慣病の増加といった問題を抱える企業も少なくありません。

人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビを運営する医師人材紹介サービスのメディエイトでは、健診結果事後措置、生活習慣病指導、
健康に関する教育など『企業の健康管理』をサポートする専属産業医、嘱託産業医をご紹介しております。お気軽にお問合せください。






専属産業医・嘱託産業医をご紹介します。
女性医師のための適職支援サイトhttp://www.mediate.jp/
人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビhttp://www.mediate-sangyoui.jp/

 
 株式会社 MEDIATE
 東京都渋谷区恵比寿西2-8-4 平陽ビル 4F
 TEL:03-5728-6512  Email:support@mediate.jp
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症の救世主!?免疫療法[①症状免疫療法とは]

2015-04-02 12:52:45 | 産業医

こんにちは。産業医KMです










4月に入り春らしい日が増えてきました。

東京では桜も満開となり、まさに春本番!心弾む季節です
しかし花粉症の方には厳しい季節でもありますね。。


今回は、内服薬や外用薬の治療ほど一般的ではありませんがアレルギーの「免疫療法」
という治療方法についてご説明したいと思います。


免疫療法とは、病気の原因となる物質をあえて少ない量から徐々に体内に入れ、アレルギー反応を
緩やかにする事を目的とした治療方法です。

既存の飲み薬は、スギ花粉で引き起こされる症状を改善させるものでしたが、この免疫療法は
事前に治療を開始してスギ花粉症の症状が出ないように予防するというものです。











免疫療法は、現状では唯一の花粉症を治し得る治療法とされていますが、全員に効果があるとは限りません。

しかし、全体的の80%以上の方には効果があると言われています。


次回は免疫療法の種類と方法についてご説明します。






ストレスチェック義務化法の施行への対応は万全ですか?

ポイント1:従業員50名以上の事業所の場合はストレスチェックを実施すること
ポイント2:従業員の希望に応じて医師との面接機会を設定すること
ポイント3:医師の助言により、必要であれば労働時間の短縮や業務の配置転換を行うこと

※ストレスチェックの実施者となれる者は、医師、保健師のほか一定の研修を受けた看護師、精神保健福祉士とする。

実施者には、事業場の状況を日頃から把握している産業医等がなることが望ましいとされています。

人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビを運営する医師人材紹介サービスのメディエイトでは、改正安全衛生法『ストレスチェック制度』に対応できる医師、産業医をご紹介いたします。










専属産業医・嘱託産業医をご紹介します。
女性医師のための適職支援サイトhttp://www.mediate.jp/
人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビhttp://www.mediate-sangyoui.jp/

 
 株式会社 MEDIATE
 東京都渋谷区恵比寿西2-8-4 平陽ビル 4F
 TEL:03-5728-6512  Email:support@mediate.jp




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「GI値」(Glycemic Index)とは?

2015-04-01 22:34:24 | 産業医
人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビ
http://www.mediate-sangyoui.jp/


こんにちは。産業医KMです。






1992年にWHOと国連食糧農業機構(FAO)は、先進工業国の人々が糖尿病、
冠動脈疾患、肥満など共通する疾患になることを予防するため、低グリセミック
(GI)指数の食事を基本とするように推奨しました。

「GI値」(Glycemic Index)とは、食べ物が人の体内に入り、ブドウ糖に変わって
血糖値を上昇させるスピードを測定して数値化したもので、ある食品を一定量
食べたあとに血糖値がどれくらい高くなるかを示す指標のことです。

GI値が低い食事がすなわち、低インスリン食にあたりますが、低インスリン食とは、
食後の糖分吸収をおだやかにしてインスリン分泌をあまり刺激しない食事のことを
差します。







具体的には食物繊維を多く含み、炭水化物が少なく、たんぱく質や脂質が多い
食品・献立をさします。

こういった食事はダイエットや糖尿病治療に役立つこともありますが、各自の
健康状態を十分に把握した上で取り入れないと、かえって栄養がかたよったり、
病状を悪化させてしまったり、体重が増えたりしてしまいますので注意が必要です。




現代社会では、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、高血圧、高尿酸血症、心臓・脳血管障害などの持病を持つ社員の方も増え、
生活習慣病の増加といった問題を抱える企業も少なくありません。

人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビを運営する医師人材紹介サービスのメディエイトでは、健診結果事後措置、生活習慣病指導、
健康に関する教育など『企業の健康管理』をサポートする専属産業医、嘱託産業医をご紹介しております。お気軽にお問合せください。











専属産業医・嘱託産業医をご紹介します。
女性医師のための適職支援サイトhttp://www.mediate.jp/
人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビhttp://www.mediate-sangyoui.jp/

 
 株式会社 MEDIATE
 東京都渋谷区恵比寿西2-8-4 平陽ビル 4F
 TEL:03-5728-6512  Email:support@mediate.jp


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

血糖値を下げる効果のある食材

2015-03-27 06:47:26 | 料理
人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビ
http://www.mediate-sangyoui.jp/



こんにちは。食べること呑むこと大好きなスタッフSNです


産業医からの記事から続きまして

実際に血糖値を下げる効果があると言われている食材を使った

お料理をご紹介します。



先日仲良しのママさんと子供たちを遊ばせながら軽く家飲みを

した時に作ったものです



ガラスの器に入っているのがトマト・アボカド・かに風味カマボコを
オリーブオイル、醤油、わさび、マヨネーズ、コショウで和えたもの。

隣はまいたけ・茹でたアスパラガス・ベーコンをバターで炒め
ポン酢で味付けしたものです。



トマトは言わずと知れた健康食材ですね。

トマトに含まれるリコピン、ビタミンC・Eなどの抗酸化作用の強い成分が

肝臓の機能を守りインスリン分泌の維持・改善に有効だそうです。



また、まいたけは糖尿病の救世主とも言われているんですって

きのこ類は一般的に血糖値の上昇率が緩やかな食材ですが

まいたけ独自の「X-フラクション」なる成分がインスリンの動きをサポートし

血糖値を下げることがわかっているそうです。



きのこは食物繊維が豊富で糖質も低いので、生活習慣病予防に役立つ食材です。

毎日の食卓にたくさん取り入れたいですね!








現代社会では、糖尿病、高脂血症(脂質異常症)、高血圧、高尿酸血症、心臓・脳血管障害などの持病を持つ社員の方も増え、
生活習慣病の増加といった問題を抱える企業も少なくありません。

人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビを運営する医師人材紹介サービスのメディエイトでは、健診結果事後措置、生活習慣病指導、
健康に関する教育など『企業の健康管理』をサポートする専属産業医、嘱託産業医をご紹介しております。お気軽にお問合せください。









専属産業医・嘱託産業医をご紹介します。
女性医師のための適職支援サイトhttp://www.mediate.jp/
人事・労務担当者の為の産業医紹介ナビhttp://www.mediate-sangyoui.jp/

 
 株式会社 MEDIATE
 東京都渋谷区恵比寿西2-8-4 平陽ビル 4F
 TEL:03-5728-6512  Email:support@mediate.jp


コメント
この記事をはてなブックマークに追加