メディブリッジ@グルメ評判発信ブログ

メディブリッジのグルメ評判発信ブログです

メディブリッジの評判・リサーチブログ

2017-10-05 17:41:17 | メディブリッジ 評判

こんにちは。メディブリッジです。

 

最近冷え込んできましたね。

これだけ寒いと何か羽織る物が無いと外に出れなくなる季節が来ましたね!

 

さてそんな今日は、面白いランキングを見つけたので紹介します!

それは、最も運動神経がよさそうな歴史の人物と言えば?です!

さっそくどうぞ!

1位は日本の昔話でもお馴染みの「源義経(牛若丸)」!


笛を吹き現れ、武蔵坊弁慶を降参させた童謡でお馴染みの「源義経(牛若丸)」が堂々の1位に輝きました。
童謡では 源義経と武蔵坊弁慶は京都五条大橋で出会ったと歌われていますが、「義経記」では清水観音の境内で出会ったという事になっています。

現代における源義経像は大体「義経記」による描写から浮かび上がった人物像なのですが、この書物自体が彼の死後二百年以上経ってからできたもので、今でいう歴史ファンタジーではないかとも。
歴史を調べると童謡にあるような身軽さではなく、策を巡らせるのに長けた智将という感じがし、中尊寺所蔵の義経像を見てもそんなに運動が得意のようには見えませんね。

2位は一番隊組長として有名な「沖田総司」!


新選組の中で常に重要な任務をこなしたと言われ、病気で若くして亡くなった「沖田総司」が2位にランク・イン。
よく沖田を書かれた作品では「色白」「背が小さい」「美青年」で書かれますが、残された書物には「ヒラメ顔で笑うと愛嬌があり色黒」「猫背」「長身」とあり、有能な剣客で若くして亡くなった事から噂に尾ひれが付きまくったものだとも言われています。

3位は仁王立ちのまま息絶えたと伝えられる「武蔵坊弁慶」!


童謡で牛若丸に忠義を尽くしたとされる「武蔵坊弁慶」が3位を獲得。
源義経に仕える怪力無双の荒法師として有名なのですが、関連する書物が異常に少なく、一時期は実在すら疑われたこともあるちょっと可哀想な人物です。

 源義経は運動神経がよさそうなのは、わかりますが、武蔵坊弁慶はいいのかどうか分からないですね(笑)

私個人的にはあんまりいいというイメージが無いですね。(笑)

まぁ勝手なイメージですが。(笑)

 

 

さて今日はここまで、メディブリッジでした。


この記事をはてなブックマークに追加

メディブリッジの評判・リサーチ

2017-10-04 09:59:27 | メディブリッジ 評判

おはようございます。メディブリッジです。

今日の朝もパッとしない天気でしたね。これからだいぶ冷え込んでくるみたいなので皆さまそろそろ秋服に切り替えですね。

 

さて今日は一度は住んでみたいと思う都道府県ランキングです。

早速どうぞ!

 

1位は「東京都」!


暫定日本の首都である「東京都」が堂々の1位を獲得しました。
2020年には東京オリンピックも控えている東京都、日本のほとんどの発信源であるだけにかなりの人気を集めているようです。

各種流行りの発信源であることはもちろん、他の県から出店されているお店が多く、東京にいるだけで日本各地の色々な物が味わえるというのも魅力的ですね
ただしウッキウキで東京に引っ越してくるとその人口密度、通勤通学時の交通機関のアレコレに辟易してしまうでしょう…。

2位は「北海道」!


様々な資源に恵まれた日本最北端の都道府県、「北海道」が2位を獲得しました。
非常に寒い地域ですが美味しい食べ物や特産品が多く、海のものから陸のものまで安くて美味しく味わえるのが大変魅力的なようです

3位は「沖縄県」!


温暖な気候と綺麗な海、独特の文化でお馴染みの「沖縄県」が3位にランク・インしました。
まるで日本ではないような独特な文化と綺麗な海、新鮮な魚や豚料理など日本を思わせないリゾートのような雰囲気が人気のようです

 

 

やっぱり一位は、東京!

東京は色々な物があって住んでない人にとってはあこがれの場所なのかもしれないです!

二位と三位は沖縄!北海道!この二つの県も間違いなく皆様が憧れる場所ですよね!

 

今日はここまで、メディブリッジでした。


この記事をはてなブックマークに追加

メディブリッジの評判・リサーチブログ

2017-10-03 09:59:52 | メディブリッジ 評判

おはようございます。メディブリッジです。

今日も雨、、、週初めから良くない天気が続いてますね。本当に天気が良くないと気分が上がらないですよね。

 

さて気持ちを切り替えて今日は、かっこいい都道府県名ランキングです!

さてどこが一位なのか・・・

 

1位は「神奈川県」!


オシャレエリア“横浜”や風情漂う“鎌倉”、夏に若者が集う“湘南”、温泉で有名な“箱根”などを有することで知られている神奈川県。
神奈川県出身の有名人には、桑田佳祐、竹中直人、織田裕二、向井理、松坂桃李、小泉孝太郎、小泉今日子、米倉涼子、常盤貴子、剛力彩芽、小雪…など、誰もが知る大物有名人が多数。東京に近く、さらに横浜や鎌倉といったイメージが良い観光地が多くあることから、神奈川に憧れを抱く人が多いようです。
また、県名に“神”が入っていることもカッコ良いと思われているポイント。1位となりました。

2位は「北海道」!


1位と3票差という僅差で2位となったのが北海道。“札幌”“小樽”“函館”といった人気観光地を有し、日本の中でも1、2を争う国内の人気旅行先として知られています。
北海道出身の有名人には、松山千春、玉置浩二、大泉洋、小日向文世、中島みゆき、吉田美和など、こちらも大物有名人の名前がズラリ。多くの有名人を輩出しているイメージや、47都道府県唯一の“道”がつく都道府県名であることから、カッコ良いと思った人が多数。2位となりました。

3位は「京都府」!


数多くの文化財を有し、清水寺や平等院をはじめとした世界遺産が多数存在することでも知られている京都。外国人観光客からも人気を集めています。
京都出身の有名人には、田村正和、津川雅彦、千原ジュニア、佐々木蔵之介など、俳優からお笑い芸人、ミュージシャンまで多数存在します。歴史ある京都というイメージと、都道府県名に“都”がついていることからカッコ良いと思っている人が多く、3位となりました。

 

一位は神奈川県!

ちょっと意外でしたね

私は、二位の北海道が一位だと思ってました。

 

さて今日はここまで。メディブリッジでした。


この記事をはてなブックマークに追加

メディブリッジの評判・リサーチブログ

2017-10-02 09:30:58 | メディブリッジ 評判

おはようございます。メディブリッジです。

さて今週もはじまりました。月曜日って土、日の休みの感覚が抜けないですよね。

けど今週行ったら来週は、土、日、月と休みなので頑張っていきたいと思います!

 

さて今日のランキングは、旅行に行きたい都道府県ランキングです!

 

 

1位は「北海道」!


様々な資源に恵まれた日本最北端の都道府県、「北海道」が堂々の1位に輝きました。
特に食べ物は山の幸も海の幸も新鮮で美味しく安いと言われており、食べることが好きな人にとってはたまらないですね。
冬の積雪や気温低下にはなかなか慣れないものがありますが、ウィンタースポーツが好きな人にとっては天国のような場所でもあります。

2位は「沖縄県」!


他の都道府県とは雰囲気が全く異なる日本の最南端、「沖縄県」が2位を獲得しました。
温暖な気候と綺麗な海、新鮮な魚や特徴的な豚料理など、日本を思わせないリゾートのような雰囲気が人気を集めました。

3位は「京都府」!


近代化する日本で今もなお多くの歴史的建築物を残す、「京都府」が3位にランク・インしました。
ビルやアミューズメントパークなどの開発が進んだ日本では、今や見ることの少なくなった歴史的建造物、食文化、伝統芸能など歴史好きにはたまらない地域ですね。

 

やっぱり北海道が見事一位に!

北海道と言えば美味しい食べ物と豊かな自然が凄いですよね!

二位が沖縄県、三位が京都!

この上記二つもやっぱりって感じですね。!(笑)

 

きょうはここまで、メディブリッジでした!


この記事をはてなブックマークに追加