徒然なるままに

気ままにのんびりと思いのままに。。。

八重干瀬の海に感動シュノーケリング

2016-10-31 | 旅行

シュノーケリングはしたことなかったです

20年くらい前に何回か体験ダイビングをしたくらい

する機会もなくしようと思う機会もなく

しかし、この宮古島家族旅行でシュノーケリングに開花してしまった

兄と義姉は前からよく沖縄に行っていた

シュノーケリングをしているのもなんとなく知っている

それに対して興味がなかったのだ

この旅行では強制的に母もシュノーケリングをするようツアーに申し込まれていた

せっかくだしまぁ、いいかなっていうくらいのノリ

前日、ビーチでのシュノーケリングに感動

いく気満々になっていた

ツアー申し込んだ前日の夕方にツアー会社から電話

「明日は波が高そうでいいコンディションではないけど出航するがどうしますか?」と、いう連絡

兄夫婦はもちろん参加

4歳の子どもは船の揺れに耐えられないだろうということで母と姪っ子が陸地で待機

私と3人で行くことが決まった

ツアー会社はマレクルーズ

立派な船だった

お客さんは15人くらい

スタッフは船長含め4人

予告通り揺れる船に酔い止めを飲んでいてもキツい

義姉はダウンして吐きまくっている

私も横になって酔いを防止

なるべく体をどこかに付けている方が酔わないらしい

潜る回数はその時のコンディション

この日は午後から雨ということで3回くらい移動して早めに帰る予定となった

まず最初のスポットは潮の流れが速いところがあるというのでライフジャケットを借りて入ってみる

水中のキレイさと魚の多さに感激

恐る恐る入っているがだんだんと楽しくなる

前日にドンキホーテ購入したスマホ用の防水ケースを持たずに入ったが途中で船に戻り水中撮影開始

水深10mまでOK

スタッフ信用しない方がいいというのでちょっとびびった

よく言われるようにカメラのシャッターが浅いところでも押せない

仕方ないのでサイドのボタンで撮影

本当にきれいでいつまでも見ていた

時々、スタッフが流されないように声かけしてくれる

満足して船に上がるとまた揺れにダウン

食事は私たち3人は誰も取らず横になっている

2回目のスポットにはライフジャケット着用せず最初からスマホ持ち潜る

今度は珊瑚が浅いところで見られる

そしてウミヘビにも遭遇

近寄るなと兄に言われるが写真を撮っているとだんだん流され近寄ってしまう

珊瑚の周りには魚もいっぱい

いろいろな魚を見ることができる

1つのスポットには20〜30分いることができる

そして最後は深いところ

2回目と3回目のスポットではサメに出会えた

ウミガメには出会えなかったが兄は見つけたらしい

いつまでもここにいたいくらいだが雨雲が近づいているので船に上がり帰路

帰りも揺れる

デザートにぜんざいが登場

そちらは頂かせてもらう

帰るのもったいないくらい

しかし今年は台風が来なかった影響で珊瑚にも悪い影響になっているらしい

珊瑚の白化が進み来年はキレイな珊瑚が見れないだろうと

石垣島の珊瑚はもう今年は全滅だったらしい

今回、参加することができてよかった

やっぱりベストシーズンは7.8.9月とのこと

今年は10月でも暑かったので水温が高いけどこれまた珊瑚へ悪影響

自然って本当に敏感

船が港に着き車に乗ると雨が降ってきた

いいタイミング

さすが海を知り尽くしているなと感心した

船の揺れと海に中に入っていた疲れからホテルに戻ると昼寝してしまった

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮古島中之島ビーチが熱いらしい | トップ | 宮古島最終日は池間島へビューン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事