徒然なるままに

気ままにのんびりと思いのままに。。。

メダカの産卵から孵化まで

2017-05-14 | 動物

メダカの産卵が4月28日から始まった

そこから2-3日毎に産卵していたがここ最近は毎日産んでいる

こんな産卵床を298円で買った

こんなん簡単に作れるじゃん

と、いうことで創作開始

100円ショップで食器洗いのスポンジを購入

裏側だけのが売っている

それと発泡スチロール

うちにはあいにく発泡スチロールがないのでこちらも100円ショップで購入

あとは結束バンドだけ

スポンジを切って発泡スチロールに巻きつけるだけ

大量の産卵床を作成

この後も内職かのように作っていた

そして産卵したメダカを発見すると別の容器に入れて産卵床に産卵を待つ

なかなか産卵床に産卵してくれない子もいる

その子は強制的に網ですくって卵を外し産卵床にくっつける

これでお母さんメダカはみんなの元に返す

あとは産まれるのを待つのみ

4/28に産卵した卵は5/9から順番に稚魚となっていった

小さすぎてボヤける

大きさも分かりにくい

こうならペットボトルのフタが分かりやすい

3日かけて8匹の稚魚が返った

どの子もちょっとずつ色が違うけどみゆきメダカ

お父さんはどのメダカかわからない

だけど生まれてくれてありがとう

稚魚は3日目くらいからパウダー状に餌をほんの少しずつあげる

何回か分けてとなんかのホームページには書いてあるがそんな分けられないので1日2回

朝晩で餌をあげる

稚魚だけ小さな水槽で飼っている

かわいいんだけど小さすぎて見失う

もう少し大きくなって模様が見たい

あとは毎日、産卵している他の卵も気になるところ

最近は1日に何匹かが産卵床に産卵をしているので恐ろしい数になりそう

『魚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最終日はチョンジュから仁川... | トップ | ビオトープとビックダディの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

動物」カテゴリの最新記事