我、再び駆ける。

リターンライダーである私がマジェスティとMT-03を購入したことから、これらのバイクについて紹介していくブログです。

「GINZAN BOYZ」ということで生野銀山です。

2017年08月10日 | お出かけ
昨日の水曜日は休暇を取って、家内とジュークでドライブです。行きの加古川BPでは、合いも変わらず東播磨道の分岐のところで渋滞・・・何とかならないのでしょうか。

加古川西ICで降り、高速代節約のため一般道を走って、目的地である生野銀山に到着です。



早速、歴史ある門柱がお出迎えです。以前に、このブログで紹介した神子畑選鉱所跡に置かれていた「ご紋章」と同じように、この門柱にも「ご紋章」があります。説明パネルには、明治政府の直轄鉱山であったことが記せられています。






ジュークを停めて、入場券売場です。



生野銀山は、神子畑選鉱所跡とともに日本遺産に登録されたようです。



生野銀山に来たのは、超久しぶりです。前回に来たのは息子が子供の頃でしたので、もう20年ぶりぐらいでしょうか。暑い時ですので、坑道で涼もうという目論みです。^^

知らぬ間に立派なお土産品売場の建物が出来ていました。



さらに、「GINZAN BOYZ」の面々です。「GINZAN BOYZ」とは、見学坑道内などに置かれた60体のマニキン人形です。全員に名前が付いています。



「GINZAN BOYZ」は、こんな「GINZAN BOYZ ギンギラ銀山パラダイス -GGGZPDS-」というYouTube動画が人気です。朝来市長も登場するなど地方は頑張っています。



早速、「GINZAN BOYZ」の一人と遭遇。^^



ローダーと呼ばれる、鉱石運搬車に乗る家内です。



坑道入口の右側には、清涼感一杯の滝が流れていました。



ここが生野銀山見学の坑道です。入口に近づくと、ヒンヤリとした空気が流れています。



入口近くに置かれた温度計。13℃ということで、涼しさを通り越し寒さを感じる温度です。



案内図です。



こんなところを歩いて進みます。ドンドンと体は冷えて、エアコンの効いた部屋どころでない寒さとなります。



一部、掘削跡で飛び出した岩石で、「注意」という通路もあります。



昔(江戸~明治時代かな?)は、こんな丸太で坑道を支えていたんですね。






「鉱脈」と紹介されていますが、素人の私にはどこが鉱脈なのか分かりません。^^



こんな装備で掘削していたそうです。



手掘りのところも残っています。



「GINZAN BOYZ」は、たくさんいます。^^


















こんな「太閤水」がありました。手で汲むと、信じられない冷たさです。






坑道に降りるためのエレベーターも展示されていました。






見学坑道の出口です。トロッコレールが残っています。



見学コースは1kmで、大体、30分ぐらいでした。最後の方になると、体の芯まで完全冷却でした。(笑)

お土産屋さんの建物に入ると、当時の鉱山夫の写真がありました。



左の純銀のインゴットは約30kg・・・61円/gですので、183万円となります。



「GINZAN BOYZ」のTシャツとブロマイド写真(サイン入り)も売っていました。ブロマイド写真(サイン入り)は、頑張り過ぎのような気がします。^^



さて帰ろうとすると、明延鉱山の一円電車が置かれていました。この電車が明延鉱山から、神子畑選鉱所まで走っていました。






興味があるのは客車です。



内部はこんな感じで、遊園地の豆電車ぐらいの広さです。



さて生野銀山を後にして、昼食場所に到着です。ここは福崎町の「ZUNBURG」というステーキ屋さんです。ブロ友のグッチさんとT2さん家が行かれていたので、寄ってみました。



ランチのメニューは、こんな感じ。全て税込850円です。家内は右上の肩ロース。私は中段左のハラミとします。



先ずはスープとサラダが出てきました。タレは、左からワサビ・ポン酢・醤油タレです。



150gのステーキが出てきました。



家内の肩ロースの方が柔らかくて食べ易く・・・私のハラミは歯応え十分でした(笑)。ワサビで食べるのが美味しかったです。昼食の後は、早いですが明石の自宅に帰ってきました。



それにしても、夏の生野銀山は涼しさを超越した寒さでした。もし行かれるのなら、とにかく寒いので長袖の着るもの(ウィンド・ブレーカーなど)を用意された方が無難です。短パン・Tシャツの方は、寒さで震えていました。^^
またカメラは、上から水滴がポタポタと落ちてくるのと、坑道から出ると結露するので防水タイプが望ましいでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「近・涼」ということでスマ... | トップ | 「追悼 水木しげる ゲゲゲの... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (グッチ)
2017-08-11 00:26:45
ありゃっ!、“水曜どうでしょう”・・・カナ?・・・(^^;)

「GINZAN BOYZ」:::
エエ感じですネ~・・・御紹介、アリガトウゴザイマスゥ~・・・(^o^)

「ZUNBURG」:::
肩ロースはアタリ?!・・・ハラミはNG?!・・・でしたか~?・・・(^o^;)
Unknown (T2)
2017-08-11 05:55:28
そうそう、トンネルはこうじゃないとネ♪

ウチも結婚前に入りましたが・・・そんなに長かったかな???と

随分と今風?に変わった様ですね~笑

Unknown (ピィ)
2017-08-11 11:42:43
GINZAN BOYZ、ネットで見たことありましたが、やはり笑ってしまいますね。
鉱山内のエレベーターは、ラピュタのパズーが働く鉱山を思い出しました。
福崎のZUNBURGは、この前バラ園に行ったとき、前を通ったところかな、違うかな〜?
「頑張っている!」というのが感じられますね。 (me262a-1a)
2017-08-11 16:42:22
グッチさん、我社はお盆休みが無いので、先行して休みを取ってお出かけとしました。^^

「GINZAN BOYZ」ですが、何か「頑張っている!」というのが感じられますね。お披露目会の模様をTVで観ましたが、マネキンの後ろで係員さんが手足を必死に動かしていました。(笑)

年齢と共に、歯も噛む力も弱くなり・・・(涙)。次回はハンバーグにしようかな?です。^^


T2さん、「トンネルはこうじゃないとネ♪」は、ベトナムの暑い鍾乳洞と比べられてでしょうか。^^

何せ20年ぐらい前ですので、記憶は乏しく・・・それでも仰るように地味な観光施設でした。お土産といえば、黄銅や水晶の原石標本のようなものが売られていたぐらいだったと思います。


ピィさん、この動画は微笑ましいというか、ハンドメイド感満点です^^。それでも広告会社で有名な電通(最近は別の意味で有名となりましたが)協力の元で作成されたとか・・・生野銀山の入場者減対策の一環だそうです。

ラピュタの場面はイマイチ憶えていませんが、こんな場面もありましたね。筑豊の炭鉱跡でも、このような施設が展示されていました。

大阪方面から中国道で来られ、福崎ICで降りられてからR312方面に行く場合はZUNBURGの前の道を走ります。ひょっとしたら通られたかもしれませんね。

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。