我、再び駆ける。

リターンライダーである私がマジェスティとMT-03を購入したことから、これらのバイクについて紹介していくブログです。

暑いので、家内とジュークでドライブです。(その1:金剛寺)

2017年07月16日 | お出かけ
梅雨は明けていませんが、まんま夏の暑さです。そんなところで、昨日はエアコンを効かして家内とジュークでドライブです。R175を北上し、

バイパス大村の交差点で右折して、旧のR175に入りクネクネ道を走って駐車場に到着です。



ここは三木の金剛寺です。家内がグッチさんやT2さん、さらに310さんのブログを観て「行きたい」とのことで来ました。^^



皆さん、紫陽花を撮りに行かれたのですが、何やら不安を感じます。全く紫陽花の花が見受けられないのです。(涙)



それでも奥の方に行くと、紫陽花は残っていました。しかし明らかに時期が遅すぎました。そんな紫陽花を撮る家内です。



さらに奥の方では、こんな感じで・・・彩度を上げて撮らないと、枯れ気味の花はキレイに撮れません。






とりあえず、適当に撮った紫陽花です。









この看板が物語っているように、もう紫陽花は終わりですね。



蓮もありましたが、



この花も含め二つほどしか咲いていませんでした。(再涙)



五重の塔を撮って、



気持ちを切り替え、仏像でも撮りましょう。墓地を見守るように寝ころんだお釈迦様です。(まんま親父の体勢)



私的には、実はお花よりもこの金剛力士を見たかったです。奈良・東大寺の金剛力士像に比べれば、すごく新しいです。



口を結んだ吽形(うんぎょう)、



口を開けた阿形(あぎょう)です。沖縄のシーサーも口を開けたのと結んだので一対ですが、何か関係あるのでしょうか。



十二天の一人だと思うのですが、はて?です。後ろが燃えているので「火天」かな?です。



汗が流れて来たので駐車場に戻ると、ゴォ~という大きなクルマの音が・・・これは山陽自動車道です。



最後に家内撮影画像です。女性は虫を撮るのが上手いです。^^



金剛寺の後は「昼食+ひまわり」としたのですが、これは次回に紹介しましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼を求めてツーリング・・・... | トップ | 暑いので、家内とジュークで... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ピィ)
2017-07-16 14:53:54
紫陽花は残念でした。
やはり6月の花ということなんでしょうね。
しかし暑い。
バイクで遠出をする気になれません。
夏場のバイクでのお出かけですが・・・ (me262a-1a)
2017-07-16 15:50:28
ピィさん、さすがに行くのが遅すぎました。2週間ぐらい前に行くべきでしたね。まだまだ我家のご近所では咲いているのですが、それでも良く見ると終わりを感じます。^^

夏場のバイクでのお出かけですが、早朝出発で昼食後帰宅・・・これぐらいがいい感じです。さらに、少なくても1時間ごとの休憩を入れないと厳しいですね。
Unknown (T2)
2017-07-16 16:50:09
紫陽花って、見ごろが意外に短いんだなぁ~と

このお寺って、何か真新しくて変な感じしませんでした???
Unknown (グッチ)
2017-07-16 17:04:12
紫陽花は残念・・・また来年ですね・・・(^^;)
金剛寺は何もかも大きかったでしょ?・・・我々はビックリしました・・・(^^)

向日葵は、満開だったのでは?
次レポに期待・・・デス・・・(^o^)
信長の時代からあったそうです。 (me262a-1a)
2017-07-16 18:44:42
T2さん、まだまだ咲いていると・・・と思いきや・・・でした。^^

この金剛寺ですが、ウィキで調べると信長の時代からあったそうです。何やら秀吉が関係したとも・・・それでも大半は戦後に整備されたそうです。画像の金剛力士像も新しいですね。


グッチさん、もう2週間早ければ、紫陽花は見事な咲きっぷりだったと思います。

金剛寺ですが、一番南の駐車場にジュークを停めたのですが、おや?奥も、さらに奥も・・・で、とても大きなお寺でした。金色のお釈迦様も巨大です。^^

向日葵(ひまわり)ですが、モールス&LINEで流したとおりです^^。まるで豹柄のような画像を、次回に紹介させていただきます。

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。