美津島明編集「直言の宴」

一〇代から六〇代までの良質な執筆者が集結しました。政治・経済・思想・文化全般をカヴァーした言論を展開します。

貨幣と租税(中野剛志氏講演のレジュメ・その1) 美津島明

2017年05月16日 17時00分14秒 | 経済


以下は、〔第2回「日本の未来を考える勉強会」~貨幣と租税~ 平成29年4月27日 講師: 中野剛志氏〕のレジュメです。ただし文言は、原文どおりではなくて、読みやすさを優先し適宜変えてあります。むろん文意は変えていません。当講義は、昨年話題になった『富国と強兵 地政経済学序説』の理論的核心部分を成すものです。私見には*を付けて、レジュメとは区別してあります。末尾に、同動画を掲げておきます。

***

デフレとは、継続的な物価の下落を意味する。それは、お金の価値が継続的に上昇することでもある。それゆえデフレ下において、人々はお金を使うよりも貯めておこうとするようになる。

・デフレの何が悪いのか。それはふたつある。まずは、消費をしなくなるから悪い。消費をしないと現在の世代が貧困化するのである。次に、投資をしなくなるから悪い。投資をしないと次世代が貧困化するのである。

いいかえれば、現在も未来もみんな貧乏になるから悪い。

デフレの原因は、お金の価値が上昇すること、すなわちお金の供給量が不足すること である。それゆえデフレから脱却するには、お金の供給量を増やせばよい。それがデフレ対策の核心である。

・では、お金とは何か。それは、「現金通貨」(中央銀行券と鋳貨)+「銀行預金」である。

・銀行預金は、給料の振り込みや貯蓄に使用される事実上のお金である。現代において、お金のほとんどが銀行預金であって、それに比べれば現金通貨はほんのわずかしかない。ただし銀行預金は、現金通貨との交換が保証されている。つまり、銀行預金から現金を引き出せる。また、銀行は預金の引き出しに備えて中央銀行(日本だったら日銀)に一定額の準備預金(日銀当座預金)を設ける義務がある。

つまり銀行預金がお金であるのは、現金通貨との交換が保証されることによってである、となる。

・では、現金通貨はなぜ交換手段として受け入れられているのか。もっと突き詰めていえば、お金の価値は何によって保証されているのか。

・現金通貨は、国家が通貨を「租税の支払い手段」(納税義務の解消手段)として法定しているから、価値がある。

・租税の支払い手段を、それ以外の手段(取引や貯蓄など)にも使うようになったのが「通貨」である。

・端的に言えば、通貨の価値を保証しているのは、徴税権を有する「国家」である

・通過を取引や貯蓄等の納税以外の用途のために流通させるには国家は通貨をすべて税として徴収するのではなくて民間に残しておかなければならない。すなわち、 「財政支出>税収」でないと通貨が流通しない

・L・ランダル・レイは『現代貨幣理論』で「『正常な』ケースは、政府が『財政赤字』を運営していること、すなわち税によって徴収する以上の貨幣を供給していることである」と言っている。つまり、財政赤字が貨幣の流通を保証するのである。

預金通貨の創造について。日本の日銀に相当するイングランド銀行は、「現代経済における貨幣の創造」(2014)で次のように言っている。すなわち「一般に、銀行は企業や個人が貯蓄するために設けた銀行預金を原資として貸出を行っていると信じられている。が、それは間違っている。銀行が貸し出しを行うことで銀行預金が生まれるのである」。つまり銀行は、元手となる資金の量に制約されることなるいくらでも貸し出すことが可能なのである。これが、投資に巨額をつぎこむことで経済発展が可能となる資本主義の根柢を成すものである。J.トービンはそのような預金通貨の創造の仕組みを、万年筆で借り手の預金口座に数字を書きこむことでお金が創造されることに着目して「万年筆マネー」と名付けている。

この、私を含めた普通の人々にとって衝撃的ともいえる貨幣創造論が『富国と強兵』ではどう語られているのでしょうか。次に掲げておきます。

銀行は、借り手の需要に応じて貸し出すことで、銀行預金を創造する。銀行の融資活動によって、預金という貨幣が新たに創造されるのである。この銀行を通じた「信用創造」の過程を通じて、貨幣(銀行預金)は、資金需要に応じて弾力的に供給されることとなる。そして、貸出しによって創造された貨幣(預金通貨)は、返済されることで消滅する」(P57)

本書の「信用創造」が、講演では「万年筆マネー」と言いかえられています人口に膾炙しやす言葉を敢えて戦略的に選んだものと思われます。ここでの「信用創造」という言葉の使い方は、通常のそれ(http://kou.benesse.co.jp/nigate/social/a13s0403.html参照)とはかけ離れています。そこには、正統派経済学の棄却を意図する中野氏の破壊的なまでの強い意志が感じられます。

ではなぜ中野氏は、そのような「破壊的なまでの強い意志」を抱いているのでしょうか。それは、日本(と先進諸国)のリーダーたちを呪縛している緊縮財政を理論的に駆除するためにほかなりません。私はいまあえて「駆除」という言葉を選びました。正統派経済学が唱道する緊縮財政は、健全な経済運営にとって害虫であると思っているからです。


・貸出(預金通貨の創造)の制約は、それゆえ貸し手の資金量ではなく借り手の返済能力である。
 (つづく)


第2回「日本の未来を考える勉強会」ー貨幣と租税ー 平成29年4月27日 講師:評論家 中野剛志氏
ジャンル:
経済
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『故事・ことわざ・慣用句 ... | トップ | 中野剛志氏を招いての『富国... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました。 (天道公平)
2017-05-22 20:04:18
 先日、わが歴哲研のクラスで、当該ブログの中野剛志氏講演を、タブレットで皆に見せていただきました。ありがとうございました。
 実のところ、優れた「信頼に足る」経済学者である中野氏は、生業(?)の官僚と著作以外にどのような活動をされているのかという疑問であり、それというのは、せっかく現役の通産省の官僚でありながら、古代からの日本の政治の歴史を振り返るまでもなく、政治家はなぜ、有能な氏を、登用・活用しないのか、と常々疑問に思っていました。
 それは、至極もっともな疑問とは、思いませんか?

 このたび、流していただいた、この研究会の主催者の二名の衆議院議員のあいさつが最初にありましたが、講演後の彼らの感想は聞けませんでしたが、少なくとも優れたものを見分けるだけの「具眼の士」として、私は、その名を記憶にとどめておこうと思いました。
 日本国の喫緊の財務政策の主眼「デフレの解消」に対し、政府が、有効な政策を打てていないことは、牛打つ童でも知っているような公然の秘密であり、一部反社会勢力を除き、国民全体が被害者です。われわれは、いつまで、政府の経済顧問「今・ハマコー」の愚・誤策や、とっちゃんぼうやT中元財務大臣などの利権拡張の巻き添えにされるのか、心底腹立たしいところではありませんか。

 「通貨」とは何かの概念規定から始まって、周到に用意されたレジュメによって、講演内容が箇条書きで平易に解説され、大変親切な勉強会でした。デフレ、インフレ、偏った方々のいわれる時宜に合わないハイパーインフレの危機(橋爪大三郎さんの著書にありました。)の考察にいたるまで、大変周到な研修です。参加の先生方が、主力であるからなのか、国会想定問答のような実用的な記載もあり、思わずにやっと笑ってしまうところです。

 国民に、経済政策を説明するのはきわめて難しいところでしょう。しかし、公選職の方々はもちろんのこと、これは、われわれ庶民も、下劣なやつバラにだまされないように、自己に強いてでも、努める必要のある、価値ある勉強ですね。
 
 最期に、中野氏のレジュメで、不況時の政府主導の景気浮揚財政投資が、冷静な時宜にあった経済政策ではなく、「大衆」の「感情」と「愚かな思い込み」のみに訴える、「借金は絶対だめだ」とか、「健全財政のため消費税増税を」と口走る自民党幹部すらいるので、「バカの壁」の高さの前に、「言葉を失う」という、本音も語られましたが、実際、確かに、むなしく、言葉を失うような瞬間があるやもしれません。
 われわれは、二代目、三代目の世襲政治家ではないので、今後とも、少しは賢く、ことの真偽を見極める、老かいな一般大衆の一人になりたいものです。
 美津島さんのレジュメも、あわせ参考になりました。
 このたびは大変ありがとうございました。
 本日、6月11日のご案内を見ました。中野氏の著書はすでに注文していましたが、当該日程を調整させていただきたいと、考えています。
いらっしゃるのですか? (美津島明)
2017-05-22 22:11:01
〉 本日、6月11日のご案内を見ました。中野氏の著書はすでに注文していましたが、当該日程を調整させていただきたいと、考えています。

ということは、6月11日にいらっしゃるおつもりなのでしょうか?だったら、とてもうれしいことです。小浜さんや由紀さんもきっと喜ばれることでしょう。そういえば、拙ブログの執筆者のひとりの岡部さん(高校生離れした文章を書くあの岡部さんです)も、はるばる福岡から11日の当会に参加するために上京なさります。

おっしゃること、いちいちごもっともです。当日大いに語り合えたらと思います。楽しみにしています。
再度・ありがとうございます。 (天道公平)
2017-05-23 21:14:24
 そこまでおっしゃっていただくのであれば、お断りする理由はありませんね。
 できれば、わが歴哲研の有志と語らって参加させていただければと思っています。
とても楽しみです (美津島明)
2017-05-23 22:07:47
いよいよ面白いことになってきました。天道さんのお言葉に接していると、11日の集いが、天道さんのいわゆる「老かいな一般大衆」の、一日限りの「梁山泊」のように思えてきました。「朋遠方より来る。また楽しからずや」の心境でもあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。