お気楽な日々

お気楽主婦の思い出日記帳です。

’17 高雄旅行(6月18日 2日目 その3)

2017-07-31 07:53:03 | 大人の遠足日記帳(海外旅行記)

<マンゴーアイス>雨が降ることもなく、高雄きっての観光名所を見終えてほっとした。次は、食べ物だ。さっそくタクシーに乗り、次なる目的地へ移動。タクシーの運転手さんに、お目当てのお店の住所と名前を書いた紙を見せて、連れて行ってもらった。そこは、芒果好忙という名前のかき氷やさん。名前の通り、マンゴーアイスが有名なお店だ。かなりサイズが大きいらしいので、マンゴーミルクアイスを一つ注文(一つ500円くらい)し、二人で分けることにした。地元の方も、二人で分けて食べているようで、何も言わずとも、スプーンを二つアイスにさしてくれた。注文し、お金を払って待つこと5分。とてつもない量のマンゴーがのったアイスが出てきた。まさに、これを食べに、雨季の台湾にやってきたのだ。大満足!!

<旗津へ>まずデザートを食べてしまったが、続いては高雄ならではの海鮮を食べようと、旗津半島へ移動した。芒果好忙さんからは、MRTのアリーナ駅が近いので、歩いて駅へ。MRTに乗り、美麗島で乗り換え、西子湾へ。MRT駅から5分ほど歩いて、旗津へのフェリー乗り場に到着した。このフェリーは、旗津半島と高雄本土(?)の間を行き来する渡し船のようなもので、10分間隔くらいで、行ったり来たりしている船だ。乗船時間自体は、5分くらいで、到着すると客を入れ替えて出発という感じだが、日曜日のせいか、ものすごく多くの人が利用していて、混雑していた。短い船旅だが、湾内を行き来する船や、高雄の街なみを遠望することができて楽しかった。

<やっと昼食>旗津に到着したのは、14時過ぎ。やっとお昼ごはんだ。フェリー乗り場から街中へ入り、メインストリートを歩くと、海鮮料理屋さんが軒を並べていた。軒先に、お皿に並べられた生の魚や貝がならんでいて、大体一皿100~200NT$。伊勢エビのような高そうなものも水槽に入っていた。ここで購入する食材を決めて、お店の人が、調理方法を「蒸す」とか、「焼く」とか提案してくれるので、それをお願いして、お店の中へ。ビールは、自分で冷蔵庫から出してくるらしい。ビールを飲みながら、お料理が出てくるのを待った。とても暑かったので、ビールが美味しかった。蒸し海老、炒めイカ、焼き鯛を食べた。鯛は、焼きにしたためか、時間がかかったみたいで、なかなか登場しなかったが、これがとても美味しかった。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ’17 高雄旅行(6月18日 ... | トップ | ’17 高雄旅行(6月18日 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大人の遠足日記帳(海外旅行記)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。