インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュースから (国内 社会)

2017年07月13日 17時02分20秒 | 真実

◇ 人命の尊さが分からないと・・

今日(7月13日)、2名が死刑執行された。

これに対して、死刑反対派がこれに対して発言しているらしいが、これらの連中は人命の尊さを分からないから、反対しているだけ。

何故か?

人命の尊さが理解できる人間であれば、他人を殺害しない。

人命の尊さが理解できた人は、他人の人命を奪ったのであれば、同じレベルの罪を償わなくてはならないと思う。

大事な人命を奪ったのだから。・・死刑反対論者はここが理解できないから、トンチンカンな事を言いだす。

人命の尊さが分かる人は、動物さえも殺さない。(家畜などは人間が生きる為に、最小限の殺害はしょうがない。)

仮に、それさえ反対する人は一切食べ物は食べられない。

そうなれば、人間は死ぬだけである。人間生活が成り立たなくなる。

何故なら、動植物は人間が食べる前は、生きていたから。

自分はベジタリアンだから・・と言う人がいたとすれば、植物だって人間が食べる前は、生きていた。

だから、どの人間も食べ物に対しては、偉そうなことは言えないのである。

生存していた動植物を食べなければ、人間は生きていけない。・・ここまでわかります?

では?人間側がどういう生活をすればいいかです。

まず、人間が生きていられるのは、動植物を食べているから、これらに対して「いただきます」の心を持って食べる事である。

これが基本です。

人間、なんの為に生きているか?ですが、人間生活を絶やさない為です。

その意味は、人間形成にあるからです。

人間生活が殺戮の状況より、お互いが節度を持って生活した方が、社会の為にいいし心が穏やかになる。

人間の心が優しくなり、おおらかになる。

心が正しい人は、他人に対して嫌がる事をしない。他人を助けようとする。(しかし、人間生活を営むには、良い事・悪い事のけじめをつけなければ、心の綺麗な人でおとなしい人は、悪い人に迫害を受け殺害される事もある。)

その為に、その理不尽な行いを止める為に、警察官がいる。現代では。

死刑反対論者は人が人を裁けないと寝言を言いだすが、目の前で殺害される人を見ているだけでいいと言う事になる。

この状態では、見ているだけの人は殺害される事を容認した事になるから、人命の尊さを分かっていない。・・ここのどこが人命を尊重しているのだ!

人が殺害される事を、黙って見ているだけの人間が、人間の命を論ずる資格がない!

人間が平等とするなら、同じ罪を受けさせる事が平等だろう。

他人を殺害して人命尊重のお題目で、死刑廃止を言うのであれば、殺された人の人命の尊さを解ってない。

簡単に書きましたが、人間の命の尊さを解るから、侵した罪と同じ位の報いを受けさせなければ、平等ではないし人命の尊さを論じられない。

それと、朝日新聞が「再審請求中の死刑執行」などと、偉そうに書いたが、この新聞社は人間の命の尊さを軽く考えている。

最も、意図的に噓の慰安婦問題を取り上が、世界中に噓を拡散させた確信犯では、トンチンカンな事を書くだろう。

常識人が朝日新聞を読む次元ではない。この新聞を読む人は、人間の尊さを知らない人達だろう。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュース (... | トップ | インターネットニュース (... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。