インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュースから (政治 国内 海外)

2017年04月18日 08時21分26秒 | 真実

◇ 世論Ⅱ

小中国の世論は「アメリカは北朝鮮を攻撃する度胸もなければ、カネもない」などと言われているが、自分らの事を言っているのだろう。

北朝鮮を恐れるあまり、自分らに引き込みたいと考えているだけだろうね。

アメリカは、世界で実戦経験がある唯一つの国である。

最近ではシリアの事で証明された。

小中国は、自分らの軍事力がどれだけのレベルだと考えているのだろうか?

小中国軍隊の連中も、アメリカの事を馬鹿にしたような見方をしていたが、己を知らないから、自分らの軍事力を過大評価する。

アメリカが考えているのは、カネのレベルではないだろう。北朝鮮がいつ?アメリカまで届くミサイル・核弾頭を開発するのか?だろう。

それには、核実験の行為が一番、アメリカが北朝鮮攻撃をする要素だろうと言われている。

レッドラインは、核実験だと思う。

これで、北朝鮮が核実験をやりアメリカが静観していたら、アメリカは危険になる。

核実験をしてもアメリカは手を出してこないと。出せないだろうと、北朝鮮は考えるだろう。

北朝鮮は、ミサイル発射も核実験も国連決議に違反している。この事で、何も出来ない国連は、黙認するしかないだろう。大義名分はそろっている。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュースから... | トップ | インターネットニュースから... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。