インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

ペテン

2016年10月01日 10時13分26秒 | 真実

◇ ブーメラン

今ネットで話題になってる「ブーメランの女王」を見ました。

編集した人は、流石ですね!

蓮舫さんの嘘が、これを見ると一目瞭然ですね。

流石、題名の通り「ブーメランの女王」ですね。

題名もぴったりの名前ですね。

自分はネット等で、蓮舫さんの過去の暗い部分を、ネット等で知っていましたから、この人が東京都知事選挙に立候補する噂を聞いて、反対でしたけどね。(結果、立候補しなくて東京都の為になりましたがね。)

今度は、民進党党首選挙に立候補すると聞いて、よせばいいのにと思っていました。

自分が思っていた事以外の問題で、騒がれましたね。「二重国籍問題」

人間は、人々に注目されると欲も出るでしょう。しかし、同時に過去の事も浮き出してくるのです。(過去もその人に付いて回りますからね。)

一般的には、縁談が持ち上がり女性(男性も同じですが)の場合でしたら、過去の行いで破談になるケースがあります。これと似たようなケースでしょうか。・・叩けば埃が出る

しかし、民進党は蓮舫さんを党首に選びました。

民進党の議員は蓮舫さんの今までの国会追及を、知っているはずです。

それでも党首に選んだ感覚が変ですね。(蓮鈁さんの過去の事や、二重国籍問題、等を分かっているはずです。)

「ブーメランの女王」のユーチューブを見れば、蓮舫さんは国会議員の資格がありませんね!

それでも、番組では台湾国籍を削除したから解決された、と公に発言。

ある番組で公表していましたが、

※ 25歳→在日の中国国籍の者として、アジアからの視点に こだわりたい。

※ 29歳→自分の国籍は台湾

※ 36歳→台湾籍から帰化

(※年齢の時の発言は、番組で公に発表されているものです。本人も認めていますので、事実です。)

以上の事からすると、蓮舫さんの発言は二転三転しましたが、本人は二重国籍を分かっていただろう。

それと、議員としての国会追及からか考えると、議員の資格がないですね。

36歳の時に台湾から帰化とありますが、この時に台湾籍が抜けたはずである。しかし、抜かなかったという事は、この時台湾籍を意図的に抜かなかった疑惑がある。

ある話だと、蓮舫さんは2016年9月14日に「一つの中国」と発言したとされる。・・日本側、は十分理解できる考えと言う見解である。

日本政府が発言してない事を、蓮舫さんが発言するとは言語道断!

どうも、蓮舫さんは二重国籍の事を知っていたのだろう。言わば「ペテン師」に近い!

民進党も民進党だろう。疑惑のデパートの人間を党首にするとは。

これで国民の信頼を?民進党は日本国民を馬鹿にしている!

日本と台湾は友好関係にあるが、台湾の恥でありに日本からすれば非国民である。

日本国民も冷静に考え、民進党や蓮舫さんに対する考え方を改めなめれば、馬鹿に見られる。

これらは偽善的な事を平気でやっているのだから。

蓮舫さんは、日本の総理大臣になりたいなどと、二度と言わないでくれ!ペテン師もいい所だろう!

それと、台湾の人に謝罪するべきである!

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事実 | トップ | 本流が支流・分家が本家 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。