インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュースから (政治 国内)

2017年06月02日 10時33分12秒 | 真実

◇ 常識

現代は、常識の基準がずれ過ぎている。

自衛隊は、外部的要因から考えているが、内部的要因から考える事が必要だろう。

以下に、その理由を印す。

1 自衛隊の認識に関して違憲だと言う、学者や評論屋・弁護屋がいる。・・この考えは外部的要因だろう。

現在の自衛隊の位置関係を考えると、政治の問題が浮上する。

特に、野党は自衛隊を認めていない。普段お世話になる自衛隊を認めいない事は、将棋の駒のように扱うつもりでいる。

学者・評論屋・弁護屋等などは、自衛隊違憲論を唱え憲法に沿って文言通りにしか解釈しない、机上の上だけで勉強してきた人達だろう。それか、政治信条(左翼等)に左右されている人達だろう。・・反日連中という事である。

※ 「文言」と書いたが、常識的に理解すれば、自衛隊は違憲ではない。(以下に書いている事を読めばわかるであろう。)

災害時などの時は勝手に自衛隊を使い、現実、国民の為に働く自衛隊を認めないのでは、自衛隊員の人権を認めない事と同じで、憲法25条の生存権を否定する事になるのでは?

憲法25条 1・・健康で文化的な最低限度の生活を営む権利有する。

自衛隊の任務は、日本国の防衛にある。(専守防衛)

仮に外国から日本に攻撃があった場合、自衛隊が対応する。その場合は自衛隊員は体を張って日本の防衛に専念する。

仮に日本に自衛隊がなかったらどうだろうか?

侵略をされる事は、火を見るより明らかだろう。

外部から攻撃を受ければ国民の生活は、健康で文化的な最低限の生活を営む事は出来なくなる。

日本国民=自衛隊=憲法25条は、全て関連している。

その憲法25条を維持する自衛隊員も、日本国民であり憲法25条の権利がある。

しかし、自衛隊員は職務でありその25条を維持すべく働く。

自衛官は警察官や消防官と同等である。

何故?その自衛隊員を警察官や消防官同じように認めないのだろうか?

自衛隊が「違憲」だと言う連中は、自衛隊員の生存権を認めない事と同じだろう。

自衛隊を認めないと言う事は、自衛隊員を否定し自衛隊員に第25条は、適用外と言っている事と同じである。

第25条を体を張って守ろうとしている人(自衛隊員)に対して、生存権を認めない感覚とは何なのだろうか?

これぞ「恩をあだで返す」という事に相当する。

憲法9条にしても、条文通りにしか考えない連中は、この条文を盾に違憲を唱える。

しかし、条文をよく読むと、侵略や威嚇を目的とする事は認めない、とある。

どう考えたって、自衛隊が侵略や威嚇はしない。

自衛隊は災害や自国防衛の時に働く。・・これを否定するのか?違憲論者は。

学歴がある人達は、学歴を傘に方向違いの論理を並べ、日本を阻害する事を止めるべきである。机上だけの文字遊びに、早く気がつく事です。・・それが第一で、あなたたちの使命は、早く正常に自覚し日本を正しく進める事です。

※ まとめを書くが、自衛隊を憲法で明文化し、自衛隊員の権利と尊厳を守るべきである。

その事が、憲法25条を真に履行する事になる。

ついでにまとめると、違憲論者は自分達の世間知らずな所や、偏った主張から脱する事です。早く、自分達の考えが異常だと悟(さとる)事です。・・魂の進化にはその事が重要です。

いつまでも、自衛隊員の人格を踏みにじる事は、人間ではありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュースから... | トップ | インターネットニュースから... »

真実」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。