インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

構図は・・

2016年10月25日 09時10分20秒 | 真実

◇ 悪質

中国が、G20宣言を無視し、鉄鋼国際フォーラムに欠席した。

批判を避けるために、中国がとんずらした。

中国の悪質性がここでも出た!

中国は、世界の鉄鋼生産の60%締めると言われる。

その中国は、G20首脳会議の開催国であり、この会議で「国際フォーラム」設置に首脳会議の宣言として、中国は合意していた。

それを中国は約束を破り、とんずらした。※・・とんずらとは犯罪を犯して逃げる意味の事。(外国の方が見ていたら、わかるように書きました。)

これが大国だとは笑わせる結果だろう。

南シナ海の国際仲裁裁判所の判断は無視する、G20の議長国(中国)が決めた事を守らない。

 

南京大虐殺問題でユネスコを騙して(ユネスコ側の人間で嘘に手を貸した人間がいるだろう。)登録したが、日本が中国提出の書類を検証の為に見せてほしいと言っていたが、見せない。・・嘘がばれるからである。日本側は中国に対する嘘の書類の裏づけが出来る。中国側の嘘だと言う事を、証明できる資料がある。

中国は、自分らの嘘が暴かれる事を恐れている。

10月24日にフランスで、南京大虐殺記念展を開催したらしいが、フランス人や世界の人は騙されない方がいい。

嘘をでっち上げて、国内の不祥事を逸(そ)らす目的だろう。

南京大虐殺の資料は、全てが中国側の捏造だから。・・日本側に資料の提出する事を拒んでいる事が、中国の嘘を証明している。中国側の嘘に加担しない方が、運命上いいです。

嘘に騙され加担すれば、同罪となる。・・この真理は万国共通です。

力で言う事を聞かせようとする手法を、中国は現在でも使っている。

尖閣諸島も中国側の証拠がゼロだが、ここでも力で言う事を聞かせようとしている。

このチンケな国が大国?

世界の主要国の代表が、集合して決めた事を守らない中国。

中国の歴史は、捏造だらけだと言う事を、世界の人は認識した方がいい。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 基本 | トップ | 韓国人の嘘がばれた »

真実」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。