インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュース (政治 国内)

2017年06月16日 15時56分51秒 | 真実

◇ 参院予算委員会を見ていて

自民党議員の質問の時はバランスが保たれていたが、民進党の福山さんの質問は加計問題で重箱の隅を突っつく事は上手だが、大局向きではない。

それと、福山さんは国会審議中に民進党の大勢の議員が、加計問題にかかわっていたと言う事を発言。

大事な国会時間を加計問題だけに関わっていたと言う事で、民進党は国民の代表に相応しくないと言う事が分かりました。

加計問題は誰が不正を行ったと言う事でなく、仮定の話を大きく膨らませま、民進党はじめ反与党側が大きく膨らませ、さも大問題だと公にやっている事が現実でしょう。

野党、特に民進党は国会議員の自覚に欠ける事が、質問姿勢から伺える。

マスコミも自分らの思惑に沿った発言で、番組を構成している。

見る側の国民は、しっかり冷静にテレビ等を見る事を進めます。

報道側が在日の連中に、牛耳られていると言う話もありますから、注意が必要でしょう。

兎に角、野党は与党の足を引っ張る為だけに、議員をやっている感じがします。

防衛の事などどこ吹く風だろうと感じる。

選挙の時は、野党側に票を入れる事は、日本国民の首を自ら占める事になるでしょう。

簡単に書きましたが、加計学園問題は野党とマスゴミの連携で事を大きくしてる事が、事実でしょう。

追記)

現在、2時58分

現在、自民・民進・公明・共産の順番で質疑が行われているが、共産党も民進党と同レベルで、加計問題。

他の党は日本全般の事をバランスよく質問している。

ここまで聞いていると、民進党は恥ずかしくならないのだろうかね?

国民に申し訳ないのだろうか?

共産党の質問も、加計問題に終始している。

野党は、日本の国会に必要ないのではと感じる。

見ているとうんざりしている。(現在:午後3時5分)

共産党も民進党も少しの言葉じりを捕えて攻撃し、得意げに攻め質問している。

この低レベルの為に、議員に国会を任せているのではない。

共産党も民進党もすぐ、国民の名前を出し自分らが国民の代表だと言わんばかりの得意げな発言。

それは滑稽な事で、共産党や民進党を国民が支持しているのであれば、政党の議員が多いはず。しかし、議員人数を見れば共産党や民進党が、国民の名前を出す事自体、愚かな事だろう。

国民という名詞を、勝手に使うなと言いたい!

今でも、共産党は加計学園問題で、得意げに質問している。

この両党は、事務所で予行演習をしているのだろうか?演劇じゃあるまいし、パホーマンスは必要ない!

現在、うざい共産党と感じている。

それと、ネット表題欄が「参院予算委員会・加計問題」との事。

どこの報道局と見ると、毎日新聞。やはり・と感じる。朝日新聞と同じだね。

自民党の山本さんもなかなかやるね。共産党の小池の質問に負けていない。(現在2時23分)

総合すると、共産党の態度は与党側が悪いと言う、印象操作に終始した。

後味が悪い。

現在、日本維新の会の議員の質問。常識的な質問が行われている。 現在3時31分

民進党や共産党とレベルが違いすぎる。それと、これら両党は日本混乱を狙っている節がある。

日本維新の会の質問者は女性ですが、さすがに鋭い所を質問している。女性ながらさすがと思う。(ちなみに女性の名前は、高木かおりさん)

民進党・共産党を除けば議論が順調に進んでいる。この討論だと日本の為になる。

民進党・共産党以外の質問は、後味が良い。

次は、福島瑞穂。

これも、加計問題。

民進・共産・社民・自由党これらは、日本を混乱させようとしているのだから、驚かないけど加計問題だけの質問では、これらは必要ない!と感じる。

福島瑞穂の愚問続く。 現在3時49分

福島瑞穂の質問で気が付いた点・・安倍総理が去年のクリスマスイブとその前の年のクリスマスイブに加計さんと一緒だとはっきり発言した事は、常日頃から民進党はスパイのような事をしているのだと、暴露したようなもの。

これは、非常に危険な事でいつでも弱点を突ける準備をしていると言う事だろう。

社民党は、いつでも与党側の足を引っ張る準備をしているのだろう。

いつでも、スパイを張り巡らしていると言う事だろう。

公の場で、スパイ行為を認めるとは恐れ入ったね。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュース (... | トップ | インターネットニュース (... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。