インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュースから (政治 国内)

2017年05月14日 11時06分19秒 | 真実

◇ 解釈

日本国憲法の第9条の第1項・2項の解釈が、根底から間違っていた。

憲法学者も政治家も全てが!

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この解釈をてんでんばらばらに解釈しているから、自衛隊が違憲という事になる。

まず最初に、国連で自衛権の権利を否定しているのか?・・否定していないだろう。

自衛隊はなんの為にある?・・日本を守るためだろう。

憲法第1項の文章の中で、武力による威嚇又は武力の行使云々・・とあるが、自衛のための行使がこの条文に当てはまらない。自衛隊は他の国を攻める目的ではないから。当然!威嚇もしない。

第2項は前項の目的を達するため云々・・とあるように、上記に書いたが、自衛隊は第1項に当てはまらない!

威嚇や武力の行使云々・・とあるのは、こちらから仕掛けないし攻撃しない事である。

自衛隊はそれに該当しない。・・ここの常識的な説明が分かります?

今まで、学者や政治屋が勝手に解釈して、自衛隊をこき使いそのくせ、違憲だなどという考えを作りだしてきた、責任の罪は重い。

第2項の国の交戦権は、これを認めない・・とあるが、戦争を仕掛ける交戦は認めないと言う事である。

自衛隊が、仕掛ける交戦をする事はない。しかし、自衛の為に戦う義務がある。(この事は、共産・社民。自由党以外は、認めるだろう。大多数の日本国民も認めるだろう。)

自衛の為に国を守らなければ、日本が無くなってしまう。これは、自衛の為に国を守る事は、国際的な権利である。守るために・・は当然、自衛の為の武力を使う。(これを認めないトンチンカンがいるだろうか?)

憲法9条を傘に、自衛隊を認めないとなると、自衛するなという事である。この違反というべき解釈をしているのが、憲法学者であり共産・社民・自由党である。これらの党は逆に違反している。

再度書くが、自然災害の時だけ自衛隊をこき使い、それで違憲などという事が出来るはずはない。人として災害の時だけこき使い、憲法で認めないとは「言語道断」!

自衛隊の権利を認めろと言う事だ!自分の考えは。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュースから... | トップ | インターネットニュースから... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。