インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュース (国内 政治) 

2017年06月15日 13時18分36秒 | 真実

◇ 国民は・・

今、お昼の番組を見ているが、テロ等準備罪を強行、と報道したのは朝日新聞・毎日新聞・東京新聞である。これらの新聞は全て反日新聞と言われている。

この新聞を紹介したテレビ局が、TBS。

という事は、TBSが反日テレビ局だと自分らで証明したものだろう。

出演者もテロ等準備罪を理解せず、お笑い評論屋などはこの法案が分からず、大事な法案などと公にしゃべる事は、笑うしかない。

もう1人、女性の評論屋も与党のやり方を普段から批判していたが、この女も根っからの反与党の人間。

これらのレベルで知ったような事を、公に話させる事自体、依頼側のTBSが承知して出演させている。

これらを考えると、TBSも相当の悪に思える。

国民は、テロ等準備罪を決めることにより、準備段階から取り締まりがきつくなれば、一般国民はより安全になる。

これの何を邪魔するのだろうか?

一般国民から考えれば、良い事である。悪い事を考えている連中から考えれば、不都合だろうが。

前回のブログに書いたが、テロ等準備罪をあれこれ言う輩は、反日人間と考えても間違いない!

日本の事を真剣に考えている政党は、現在の与党と維新の会・日本の心の党である。

野党4党(民進党・共産党・社民党・自由党)は日本人に被害が起こる事を、容認している物である!

テレビや新聞を見る方々は、冷静に考える事である。

国会前でデモを行っている連中は、普通の日本人ではないだろう。

常識、普通の人が夜遅くまで迷惑をかけない。この常識的な事を考えられない連中は、普通ではない。

バリバリの左翼でなくては、夜遅くまで迷惑かけないだろう。間違った信念が元になり、その間違った信念だけで奇声を上げているのである。

何回も書くが、テロ等準備罪は一般人にとって、安全が深まるのである。

それを反対する野党や国会前でデモをやっている輩は、日本人ではないだろう。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュース (... | トップ | インターネットニュース (... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。