インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュース (政治 国内)

2017年07月14日 09時36分22秒 | 真実

◇ 信頼

信頼・信用、この言葉は長年積み重ねて、得られるものでしょう。

信頼が得られる人が仮に不祥事を起こした場合、不祥事の種類にもよりますが、一変で信頼・信用をなくす場合が多いのです。

例えば、最近交通事故を起こし逃げる人が多いですが、事故を起こす時は故意でない限り仕方がないでしょう。

この時が問題でして、事故を起こした後の処置が大事です。

逃げればひき逃げで信頼や信用がある人でも、その時からそれらを失います。

しかし、事故を起こしたのはしょうがない事だが、救急車を手配したり警察に報告すれば、致命的な信頼や信用を失わない。

簡単な例だが、その後の信頼や信用は地道な努力で戻せる事が出来る。(後者の場合)

人間悪い事やずるい事を考えない事が基本ですから、それを徹底すればいいのです。が、現実の事を考えると言葉通りの訳にはいかない事が多いでしょう。

蓮舫さんの問題なども、最近戸籍謄本を公開すると報道に出ていましたが、最初からその通りにしておけばその事に関して、周囲や国民から言われずに済んだのです。

戸籍謄本を最初から公開したからといって、民進党が信頼出来るか出来ないかは、別問題ですが。

少なくても、この問題で疑念を持たれる事はなかったのです。

戸籍謄本を公開する事に、民進党内や共産党・他の人からも、差別を助長するなどの声が聞かれる。

しかし、この人達は常識を持っていないのだろうと思う。

それは何故かと言えば、日本国民は何かの手続きを行う時に、戸籍謄本や戸籍抄本の提示を求められる事がある。

これは、日常的に行われている。

蓮舫さんはこの常識的な事を、拒否し続けてきたのである。

まして、この人は公人で国会議員である。

この状況を擁護する上記の人の神経は、常識的な神経を持っていないのだろうと思う。

何か?別の思惑で公開したがらないのだろう。

日本人のような顔をして、反日をやっている連中が疑われる。・・共産党・社民党など反日政党はあれだけ反日行為を行っているので、怪しいですね。

大学教授も反日的な人が多い。この人達も疑いが感じられる。

常識的に考えれば、戸籍謄本を必要上公開しても何ら支障はない。しかし、常識的な事を拒んだり出し渋る心境は、後ろ暗い所があるからだろう。

現役国会議員の中にも、2重国籍の人がいると言われる。

この人達は、早く国籍選択を行う事が必要だろう。

今でもズルして議員を続けているわけだが、早く公表して国民の審判を仰いだ方がいいだろう。

今朝(7月14日)のネットニュースを見ていたが、自民党信頼の方法は、いくらでもあるだろう。

信頼、信用は心の問題で、そこの所を心から考えられれば、発言や行動に現れる。

対応の仕方もわかる。

この感覚は直観的な所が多いので、うわべだけの心では人に見破られるので、用心が肝心だろう。

本当の信頼が置ける人間は、一言ではここに書けないのだが、聖人君子的な心を持っている・目指している・人かな?・・

一般的に、表面上ではわかないでしょうけどね。・・案外、一般の暮らしをしているかもね。

その人が見分けられる人は、その人に近い心を持っている人だろうね。

普通には感情で発言したり、行動する人が殆んどだけど。

いずれにしろ、東京都議選の投票の結果に関して、自民党にも責任があるが、その奥を見られない人が多いのだなあと感じましたね。

奥を見ないで行動したり、発言する人達は「烏合の衆」と取られる事が多い。その人たちを動かす事はある種の人達から見れば、たやすい事だろう。・・「ある種の人達」と書きましたが例えば、反日的な人とか日本を追い落とそうと考える人達です。

普通の人はその事を考えていないのでしょうね、だから、今回に様な都議選の結果になるのです。

心の問題は「自然の摂理」に直結しているので、この心に反しない生活を送る方が、自分の為にもいいでしょう。

それを決めるのは、一人一人の人間です。

決定権は家族でもなければ、他人でもありません、自分自身です。

一日も早く、その事に気がついてほしいですね。・・「自然の摂理」に

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュース (... | トップ | インターネットニュース (... »

真実」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。