インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュースから (政治 国内)

2017年05月11日 09時15分25秒 | 真実

◇ 発言

民進党・階猛(しなたけし)議員が、次のように発言。

「金田法相のオウム返しの発言は、もう一つのオウム事件」

この人の事を少し調べると、弁護士資格を持っている。

弁護士であれば、事件の内容は十分知っているはず。しかし、オウム真理教事件と一緒にする所が異常。

最近の民進党は、おかしい事ばかりやるね。日本転覆事件と比較しようとしている。この事件と金田法相の発言姿勢と似ている?

年齢的に、オウム真理教事件は知っているはず。被害者も大ぜい出た事件。

しかし、この政治屋は弁護士の資格を持ちながら、知性がない事を言っている。

以前も書いたが、人間は万能な人はいない。どこかしら欠点がある。

国会議員だからといって、役職につけば役職に関して、全て知っている人は少ないだろう。そこで、官僚の役目がある。

国会議員の不足分を官僚が補っても当然だろう。

答弁が同じような事になっても、質問者が理解できていないのか、わざと答弁者を困らせようと質問形式を変え、質問する場合もある。(同じような内容だが)

同じような質問には、同じような答えになる。仮にそれがオウムのような答えでも。

民進党は、金田法相の解任決議案を提出したと言う事だが、階猛のような非常識発言と異質の事である。次元が違う。

今回の事で、解任決議案を出す性質のものなのか?それに該当する内容なのだろうか?

国会議員としての、資質が問われる提出(解任決議案提出)だろう。

今回の状況は、オウム真理教事件と同じにした、階猛の知性のなさが表れている。(本人は、共謀罪成立を阻止する目的だろうが、考えている所がトンチンカン。)

今回の事は、民進党がいつもやる手法で「謝罪と撤回」をした方がいい。

これもブーメランでしょうかね。

やれやれ・・救いようがない連中ですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュースから... | トップ | インターネットニュースから... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。