インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュース (政治 国内 海外)

2017年07月18日 08時16分34秒 | ブログの名称は?

◇ チンピラ国家

青森県沖に中国公船が領海侵入。

尖閣諸島や九州それと今度は、青森県沖に進入。

何処まで悪質だろうか?

この国に、外資を持っていこうとする外国企業がいるのかね?

いままで、調子に乗って金を集めてきたが、中国の悪質さが分かれば中国に近づかなくなるね。

ノーベル平和賞を貰った人が死亡し、おかしな注射を打たれたと疑われる中国。

中国全土で毎日デモが行われ、衝突していると言われる中国。共産党は発表しないが。

全てを隠蔽する中国。

 

おまけに、日本近辺では悪さをしている。

成長率を発表したが、この数字だってインチキ臭い!

対外債務でも、中国は大変なことになっていると言われる。

下支えしていると言われるが、どこまで経済が続くかと経済評論家内ではもっぱらの噂である。

自分らでこの国は危険な国だと証明している。

このトンチンカンな国に近づこうとする国がいるだろうか?

東南アジアに外資が逃げている実情。自分らの愚かさが分からず外資誘致だと?笑うしかない!

追記

中国は消費が堅調だと言われ、順調だと言われているが、このシステム基準がおかしいと言われる。

中国のマンションなどは、投機の為にマンションを購入するが、マンションの内部は購入者に任せる方式。

それと、日本ではマンション基準が1年位であれば新築物件とみなされるが、中国では購入してから入居者が住まなければ15年たったマンションでも新築だと言われる。

これでは、老化が進みあちこちボロもでる。

そのため、中国内の郊外で幽霊マンションが乱立し、夜になっても明かりがつかない街並みが多いとの事。

それはそうだろうね。人が住んでいないのだから。新築基準の看板だけ抱え、マンション街が朽ち果てるのを待っているだけだろう。

中国当局は中国の負を発表しないが、現在はネットの時代。

いくら中国共産党が隠しても、隠しおおせないのが現実だと、理解しない所が常識ではない!

ネットやニュースで世界に漏れるのが現実である。

隠しおおせると考えているのは、中国共産党だけである。

中国の基準は世界基準と全てが適合しない基準。

この考えで国が繁栄するはずがない。

表面だけ繕っても「自然の摂理」は騙せない。

徳のない中国に近づく国が、どれだけあるだろうか?

いるとしても、同じ泥船で一緒に沈むしかない。

中国最大のダム・三峡ダムは最近ひび割れが起きていると言われる。

このダムが決壊したら、周囲はおろか下流の地域まで大惨事になると言われている。

せき止めたお陰でダム周辺の湖面が拡大。いずれ、ダムがせき止められる許容範囲を超え、ダムの脇の泥が崩れそこからダムがそっくり流される可能性もある。

それでなくても、三峡ダムを造った影響で環境が悪化し、魚が住める状況ではない水になっている。

川沿いの工場も排水処理を行わず垂れ流し、民家も汚水処理をする浄化装置も持たず、ただ汚水(ウンチ・小便)を垂れ流す。

三峡ダムに関する川沿いだけではないだろう。他のダムに関する川沿いも同じだろう。

中国全土が、似たような事になっている可能性が高い。

中国の公害スモッグに関しても、多くの犠牲者が出ていると言われているにも関わらず、対策をせず中国当局は発表しない。

・・人口が多いから少し位と考えているのだろう。専門家の話では中国の人口が実際、何人いるのかつかめないと話している。

これらの事に金を使わず、軍備増強だけは謀っている。

これらも全て中国共産党は隠している。

いつまでも徳が続かない。徳は有限である。

人数分の徳を使い果たした可能性がある。現在の状況を見ていると。

後は下降線の運命をたどるだけだろう。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュース (... | トップ | インターネットニュース (... »

ブログの名称は?」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。