インテグリティ

昨今、何が真実か情報過多の為、真実が分からなくなってきています。
真実の心を呼び起こして下さい。真実の道は一つです。

インターネットニュース (政治 国内 海外経済)

2017年07月17日 13時29分38秒 | 真実

◇ 経済の事を書きます

まず第一に本と著者名を記します。

題名・・習近平が隠す本当は世界第3位の中国経済

著書名・・上念司

ユーチューブを見て、この方の発言に興味が涌いたので、本を紹介しないと失礼かなと思い、言葉などを引用するにあたり、紹介しました。

その前に、産経ネットニュ-スに、中国GDP6.9%は演出?かと載っていた。

GDP・・国内総生産(働いて稼いだ儲けのトータル)

どうやら、上念さんの話だと中国経済は、噓や水増しが横行しているとの事。

対外債務も上昇しているとの事。

対外債務・・国が開発資金を賄(まかな)う為に、経常収支の赤字を補うため先進国や国際機関・民間企業などから借り入れる国際的な債務。(言わば借金だろうね)

ダボス会議で中国首相李克強が「外資誘致」を表明。

待遇を国内企業と同じに行う事を表明したが、今まで外資企業に対して不利に扱ってきた証拠。

しかし、最近では中国民の給料が高騰し、ベトナムなどの東南アジアに外資企業が変更されているとの事。

以前聞いたが、中国国内の外資企業が中国から出るのに、相当のリスクがあると言われる。

改めてリスクが高い中国に、投資する外資はいないだろう。

中国は外資を誘致し、その金で軍事力増強に使うのだろう。

それほど、外国はバカではないのだろう。

これから中国は、長期停滞期に入るだろうと、上念さんは予測。

それだけ中国経済は、深刻だとの事である。

これを聞くと、全てがインチキだろうね中国は。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターネットニュース (... | トップ | インターネットニュース (... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。