トロの楽々ポエトリーライフ

気のおもむくまま、詩を書いています。日常のこと、世界情勢のことなどから感じたことを綴ります。

「弁護士探偵物語 天使の分け前」法坂一広

2017-07-16 04:42:01 | 読書


すいません、このところほったらかしでした。

詩のほうはネタ切れになってしまったようなので、今日は私が読んだ本を紹介します。

この作品は「このミステリーがすごい!」大賞受賞作、つまりこの作家のデビュー作です。

アマゾンのレビューでは評価が分かれていますが、私としては好きですね、こういうの。

何より読んでいてたいへん楽しかったです。

最近のミステリーは、やたら重苦しかったり、殺伐としていたり、

小説としてはよくできているのかもしれませんが、読んでいてあまり楽しくないものが多いです。

読者を楽しませられる、それは、つまり実力がある、ということです。

ちょっとキザな、それでいてドジなところもある、憎めない主人公も気に入りました。

ただ、作者はハードボイルドを意識しているのかな?

ハードボイルドというより、ブラックジョークが随所にちりばめられ、けっこう笑える作品でもありました。

嫌いな人は嫌いかもしれませんが、私としては、これはおすすめですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未来人 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。