色と香りのハルモニア

カラー&アロマ(色と香りと心のトーン別館)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黄色であふれる、国。

2008-01-24 21:33:21 | Weblog


先日、久しぶりに会った友人が、旅行の写真を見せてくれました。
行き先は、タイ。
アルバムを広げると…彼女の笑顔の後ろに広がる風景は、
あふれんばかりの、黄色!黄色!黄色~~!!
寺院だって、仏像だって、街行く人、警備員さんにいたるまで、ひたすら黄色!

「何これ!黄色だらけ~?」
「そう、なんかそこらじゅう、黄色だった。」

何気なく撮った旅行写真でも、この黄色の多さ!
タイという国はどうしてこんなに、黄色だらけなんでしょう?
なので、黄色とタイ国について、ちょっとばかり調べてみました(^ ^)
そこでわかったのは、タイ国では、もともと鮮やかな色が好まれているのですが、
その中でも黄色は、タイ国王の色として愛されているのだということです。



この国では、伝統的に曜日の色が決められています。
日曜日(赤)
月曜日(黄)
火曜日(ピンク)
水曜日(緑)
木曜日(橙)
金曜日(水色)
土曜日(薄紫)
深い色信仰があるタイの人々は、これらの曜日の色に合わせた服を着たり、
自分の生まれ曜日の色を愛用したりするそうです。

で、月曜日に生まれたプミポン国王の誕生色である 「黄色」は、
王を愛する国民から、圧倒的な支持を受ける色となっているわけです。
一昨年は国王の即位60周年、去年は生誕80年ということで、
国民の黄色への熱い想いは、ますますヒートアップするばかり…!
といった状況の中、タイに訪れた私の友人。
ですので、旅行写真は黄色だらけになったようです。

きょ、極端だなぁ~。
日本ではこれだけ、ある特定の色が流行る事ってないですよね。
ちなみに、年が明けた現在は、国王の姉君が亡くなられたとのことで、
黒一色になっているそうです。

さて黄色…これほど国によって好き嫌いがわかれる色はないようです。
タイでは僧侶が黄色の衣をまとっています。
ヒンズー教、道教、仏教、儒教において黄色は、神聖な色です。
また中国でも黄色は大地の色とされ、皇帝色として崇められてきました。
このようにアジアでは愛されている黄色が、
キリスト教圏では一転、最も卑しい色として嫌われています。
なんでもキリストの弟子の裏切り者であるユダが、黄色い服を着ていたからそうで、
囚人服や売春婦に黄色を着せていた過去等も手伝って、
欧米の人々は黄色に悪いイメージを感じるようです。

ただ、古代ヨーロッパでは、黄色は太陽の色、豊穣の色として、
人々に愛されていたようです。
さらに調べてみると、いわゆる「yellow」という言葉は、黄色から黄緑を指しており、
嫌われているのは主にこちらの黄色のよう。(濁っている黄色だと、余計に…)
オレンジがかった黄色については、
豊かさを表す色として花嫁衣装に使われたりして、むしろ好かれていたようですね。
黄色とひとことでいっても、微妙な色みの違いで、捉え方は変わるようです。

ところで、月曜生まれの私の誕生色は…
もちろん、黄色!
ちなみに私の好きな黄色は…

オレンジがかった、輝くような豊穣の黄色。


そして、優しくふんわりとした卵色。


どちらも、心が温かく明るくなるようなところが、好きです♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丁子香る「ねずみ」で、厄よけ。 | トップ | インフルエンザ、包囲網。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一度拝見したい (リカ)
2008-01-25 09:40:25
この黄色のお花もキレイですねー
このお花も街中に溢れているのでしょうか?
黄色の花と人々も黄色。
元気なカラー、一色になるタイを見てみたくなりました。
曜日によって色が変わるのですね。すごい!

そう思うと日本は、この季節は黒が多いですね。
こんなに寒いんですもの当然かな?(笑)
黄色 (うさみ)
2008-01-25 21:08:56
私もタイでは、お坊さんの黄色い衣が目に付きました。あちらでは、男子は一生に一度は短期間でもお寺で修行するそうで、街中で托鉢のお坊さんをたくさん見かけました。寺院の仏像にかかっている布も黄色だったような気がしますし・・・

私は確か日曜生まれだったと思うので、赤ですね~。ちょっと嬉しいかも(#^.^#)
リカさんへ (マナ)
2008-01-25 22:28:28
あはは…、スミマセン(^ ^)
この黄色い花はタイの写真じゃあないんです~。
著作権フリーの素材集から…なんです、イメージが合うもんで。
でも一応、暖かい国の花の写真ですが…。
私も写真を見て、「タイって、面白そう♪」と思ったのですが、
友達が「食べ物が超マズくて、ゲロゲロ~ッ!」と言うので、
ちょっと~(笑)香りもんは、どうなんでしょうね?

>日本は、この季節は黒が多いですね。
そうかも。でも、名古屋や関西は、よそと比べると、華やかな色彩にあふれていると思います。
うさみさんへ (マナ)
2008-01-25 22:36:27
うさみさん、タイに行かれたことがあるんですね~!
やはり黄色の僧衣は目につくんですか♪

>私は確か日曜生まれだったと思うので、赤ですね~。
なんか日曜って、日本人のイメージでも赤い色が
しっくりする気がします。カレンダーの休日の色とか、元気で楽しい雰囲気とか…。
そういえばタイ国王は、去年病気で入院されたそうなんですが、
退院時にピンクを着てたため、タイ中ピンクが大流行になったそうですよ。やはり極端(笑)火曜日に退院されたんですかね??

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL