え、お呼びでない?!

日々の由無し事、時々、自転車ネタ・・・こりゃまた失礼いたしました。

米原から彦根方面に出現した琵琶湖の上位蜃気楼 その2

2017年04月19日 | 蜃気楼
★ブログ内検索窓は記事枠外の右上にあります★

++++++++++++++++++++

さて、16日に発生した琵琶湖の上位蜃気楼の続編です。

前回は米原市磯漁港およびエクシブ琵琶湖方面でしたが、今回は彦根ビューホテル(旧・彦根プリンスホテル)方面に出現した上位蜃気楼です。

まずは実景写真から(2016.5.12撮影)。彦根市八坂町より。



クリックして大きな画像で。


以下、実景写真とは少し構図が違いますが、彦根ビューホテル方面に現れた上位蜃気楼です。刻々と移ろう像変化の面白さを感じ取っていただければ。

彦根ビューホテル 14:10


クリックして大きな画像で。


彦根ビューホテル 14:43


クリックして大きな画像で。


磯漁港(エクシブ琵琶湖)から彦根ビューホテルにかけて 14:45


クリックして大きな画像で。


彦根ビューホテル 14:57


クリックして大きな画像で。


彦根ビューホテル 16:11


クリックして大きな画像で。


彦根ビューホテル 16:32


クリックして大きな画像で。


そんなこんなで午後2時から5時まで、上位蜃気楼を発生させる要因となる大気層(境界層)が次々と流入し、絶え間なく姿を変える琵琶湖岸の景色にすっかり見入ってしまいました。

たった5km前後の距離でこれだけの上位蜃気楼を見られる彦根市八坂町とその周辺は、実は蜃気楼ウォッチングの隠れた名所と言えるのかも。

午後の時間帯に順光で観察できるのが大きなポイントでもありますね。長浜から米原や彦根方面を眺めた場合は逆光で非常に観察しづらいですから。

次回、その他画像をちょこっとだけ。

★★蜃気楼に興味を持たれた方は、記事枠外左側の「カテゴリー」から「蜃気楼」を選んでいただくと、「上位蜃気楼」も含めて主に琵琶湖の蜃気楼関連記事をまとめてお読みいただけます。ぜひどうぞ。★★
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米原から彦根方面に出現した... | トップ | 米原から彦根方面に出現した... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む