超低歪探求

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

超低歪探求 no410 更に測ってみた

2016-10-12 10:49:36 | 日記
100KHz@YHP4333Aの歪み(725C以上

図492  GRNマーカーが基本波rej残留(-137dB)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4333Aは入力段が直接ATTでその後G=1のZコンバーターです
その為入力レべルが小さくなるほど歪は小さい大きなメリット
自動同調限界の0.1Vとしてレンジ通りにするにはモニターOUTから増幅器
でampして1V/fsにしてFFTにいきます。モニター出力端子は別途75Ω/0dB
用端子を増設し274mv/fs@4MHz-3dBです
シバソクは入力アンプが利得制御用なので入力電圧を
下げても歪は減少出来ない
モニターOUTのAMPは725Bを用いて100KHzのHOLDで4333Aのrej漏れ
を除去。(そのままでは4333Aの100KHz除去率が-90dB程度しかない)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超低歪探求 no409 23℃の日に | トップ | ミーハーな話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む