ライプツィヒの夏

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

世界陸上の美女たち 2017 (Day8)

2017-08-12 23:59:59 | 美女探求

では本日も更新します。8日目は、だいぶ白人選手が頑張りましたかね。まずはやはり200mを。

オランダのD.シパーズ(Dafne Schippers)。優勝は難しいかと思っていましたが、ダフネちゃんさすがです。白人アスリート好きにとっては希望の星です。

もう1枚。

3000m障害、エマ・コバーン(Emma Coburn)が優勝しました。正直オリンピック銅メダルの選手とは言え優勝するとは思いませんでした。

もう1枚。

2位は、同じくC.フレリクス(Courtney Frerichs)。オリンピックでは11位ですから大躍進です。

2人そろっての写真。次は800m。

ポーランドのA.チチョカAngelika Cichocka)。ポーランド美女には読者の皆さまもぜひご注目ください。

もう1枚。後ろの黒人選手たちとの表情のコントラストが印象的。やはり笑顔に勝るものはなし。

リトアニアのE.バルチュナイテ(Eglė Balčiūnaitė)とスイスのS.ブヘルSelina Büchel)。

ポーランドのJ.ジョズビク(Joanna Jóźwik)。彼女は決勝に進めなかったので、やはり悔しそうです。

英国のL.シャープ(Lynsey Sharp)。悔しそうな顔ですが、記録で拾われて決勝進出。

カナダのM.ビショップ(Melissa Bishop)。彼女もめでたく決勝進出。

オランダのS.バースティゲン(Sanne Verstegen)。これもフェルステヘンくらいの発音じゃないですかね。1985年生まれですが、がんばっています。

スイスのS.ブヘルSelina Büchel)。

お次は走り幅跳び。まさかあの方が2位になるとはねえ。

ルーマニアのA.ロタル(Alina Rotaru)。

オーストラリアのブルック・ストラットン(Brooke Stratton)。あるいは彼女の名前は、ブルック・シールズを意識してつけられたのかも。

ドイツのC.サルマン-ラス(Claudia Salman-Rath)。七種にも出場。

スーパー美女アスリート、ロシアのダリヤ・クリシナ(Darya Klishina)。今回なんと7mで2位。シーズンベストを出してしまいました。1位と2㎝差。これはすごい。Authorised Neutral Athleteで出場。

すばらしい美しさです。

表彰式の写真もご紹介。

セルビアのイヴァナ・スパノヴィッチ(Ivana Španović)。今日はセパレートではありませんが、脚は見せてくれていますね、ってお前何を注目しているんだなんてことはいまさら言わないでね。

ラトヴィアのL.グリバ(Lauma Griva)。

ベラルーシのA.タライ(Alina Talay)。

日本の木村文子Ayako Kimura。準決勝に進出したのはすごい。13.15というのは、彼女の自己最高に近い(13.03)タイムです。

オランダのE.ボーンズEefje Boons)。IAAFの選手名鑑にリンク。

ノルウェーのI.ペデルセンIsabelle Pedersen)。

もう1枚。

オーストラリアのM.ジェネックMichelle Jenneke)。

オランダのN.ビッサー(Nadine Visser)。オランダ語の発音は多分違う。七種にも出場。ダフネ・シパーズちゃんも七種の選手でした。

ドイツのP.ドゥキエビッツ(Pamela Dutkiewicz)。

ドイツのR.ローバRicarda Lobe)。彼女も新進気鋭です。

サリー・ピアソンSally Pearson)。ロンドンでこの種目の金メダルを取った人。最近お姿を拝見していなかったのですが、また復活ですか。軽く予選突破。当然突破してくれなければ困ります。

お断り:13日に入りましたが、1日1記事更新の原則により、12日23時59分59秒の更新とします。

お断り2:円盤投げの選手の写真を追加します。

円盤投げです。

ドイツのA.ルー(Anna Rüh)。若手ですが、予選突破ならず。

同じくドイツのN.ミュラー(Nadine Müller)。

オーストラリアのT.ゴルシェフスキ(Taryn Gollshewsky)まだまともな情報がないので、FBにリンク。ほかにツイッターもあり。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界陸上の美女たち 2017 ... | トップ | 世界陸上の美女たち 2017 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よろしくお願いします (猫)
2017-08-13 02:49:51
初めまして主さんは海外選手に詳しそうなので
教えて下さい

8月12日
今日の19:15分頃からの女子4×400mリレー予選の
オーストラリアの2走目の子は、なんて言う名前なんでしょうか?
調べても分からないので分かる方、教えて下さい
この子です
http://i.imgur.com/wtLEmuF.jpg
http://i.imgur.com/cXHgdlw.jpg  

多分名前はCONNOLLYっていう名前だと思うんですが
時間かけてググっても分かりませんでした
主さん よろしくお願いします
>猫さん (Bill McCreary)
2017-08-13 06:35:08
こんちには。写真拝見しました。こちらの方でしょう。

https://www.iaaf.org/athletes/australia/ella-connolly-297255

Ella Connollyちゃんです。2000年7月生まれですからまだ17歳です。今回はリレーのみの出場ですから、たぶん大舞台の経験を積ませるということじゃないですかね。現段階英語版Wikipediaにも名前はありませんが、まもなく載るでしょう。

どうでしょうか、こんなところでいいでしょうか? オーストラリアの陸上選手はレベルが高いので、あなたからみて興味がある人がいたら、ぜひ私にも情報提供してください。
至福のひとときでした… (Ko1tnk)
2017-08-13 09:06:46
今さら言わずもがなの3人がいっぺんに観れるという、超〜贅沢な本日は、驚喜の連続でした。

シパーズはもとより、エマちゃんはリオ銅メダルの記録をさらに更新して大会新記録で優勝! 予選の着順でしっかり3位に入って決勝進出かと思ったら失格で予選落ちしたクイグリー(Colleen Quigley)も残ってたら1、2、3フィニッシュしてたかも?

クリシナの銀メダルも、5回目に久々の(ていうかライブで観たの今回が初めて)7.00mを跳んでも、本人ニコリともしてませんでしたし、ハラハラドキドキものでした。実際あとに7m級が何人も控えてたわけですから…正直、またメダルは無理かとあまり期待せず観てたら、あの結果でしたので、本当にオメデトーです。

考えたら皆25〜26歳ですから、6年前のテグ(ピョンチャンとかも漢字で表記した方がいいのかも? でも自分じゃ読めないから…)大会でシニアデビューした頃から追っかけてたんですね。何なんだろう、この感じ? これがピグマリオン症候群てやつですかね?

昔、ミュンヘン五輪の記録映画で「時よ止まれ、君は美しい〜」というのがあったけど、この日の彼女らは、まさにこの言葉(ゲーテの「ファウスト」からの引用というのはだいぶ後で知った)そのものでした!
>Ko1tnkさん (Bill McCreary)
2017-08-13 19:48:22
まあ人生たまにはこういう日もありますよね。エマ・コバーンの勝利は私も驚きました。

>6年前のテグ

この時に英国のハンナ・イングランドとアイルランドのデイドル・ライアンにはまってしまい、12年のロンドン五輪は陸上を研究しようと思っていて書いた(出場はかないませんでしたが)クリシナちゃんの記事にあなたが遊びに来てくださったわけです。もう5年の付き合いですよね。今後ともどもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美女探求」カテゴリの最新記事