ライプツィヒの夏

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

ヒョードルが負けた

2010-06-28 01:39:15 | 格闘技
すいません、このブログで格闘技のタグというのはめったに使用しないんですが、世界がワールドカップばかりが騒がれている先日、興味深い試合がありました。

 



皇帝ともいわれるエメリヤエンコ・ヒョードルが総合格闘技の試合で敗北しました。しかも一本負けです。

【Strikeforce】ヒョードルVSベウドゥム Fedor vs Werdum




ヒョードルを倒すのはアリスター・オーフレイムか誰かなんて話もありましたが、けっきょくブラジル人柔術家ファブリシオ・ヴェウデゥムが三角絞め(もしくはアームバー)で勝ちました。彼は、前出のオーフレイムにも勝っていますから、もしかしたら世界最強の男は彼かも。まあとんでもなく強いやつだということです。

時代の流れというべきかどうかは分かりません。それにしてもやはり時代が動いたということは確かです。これから、ヴェウデゥムには要注目です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本とスペイン(あるいはポ... | トップ | 安倍晋三と極右仲間との対話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エメリヤーエンコ・ヒョードル (~~poの湘南の風~~)
ついに負けちゃったみたいだけど