ライプツィヒの夏

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

2016年下半期に劇場で観た映画

2016-12-30 00:00:00 | 映画

 2016年7月から12月にかけて観た映画を五十音順に書きます。今年はわりと「映画の鬼」になってたくさん映画を観たと思います。2017年は、ついに劇場で200本観ようかな。 Wikipediaにある映画はリンクしました。

アイヒマン・ショー歴史を映した男たち

あなたと私の合言葉 さようなら、今日は

あの手この手

アマデウス ディレクターズカット(午前十時の映画祭)

或る終焉

アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)

生きうつしのプリマ

生きる(午前十時の映画祭)

いしぶみ

いまを生きる(午前十時の映画祭)

犬神家の一族

イレブン・ミニッツ

海辺のポーリーヌ

映画よ、さようなら

AMY エイミー

エル・クラン

炎上

おとうと

男と女 製作50周年記念 デジタルリマスター版

からみ合い

カルテル・ランド

華麗なるリベンジ

木靴の樹 

奇跡の教室~受け継ぐ者たちへ

君がくれたグッドライフ

君の名は《総集編》

黒い十人の女

ゲッタウェイ(午前十時の映画祭)

幸福は日々の中に。

ここに泉あり

聖の青春

シーモアさんと、大人のための人生入門

ジェーン

シチズンフォースノーデンの暴露

七人の侍(午前十時の映画祭)

ジャニス:リトル・ガール・ブルー

ジュリエッタ

将軍様、あなたのために映画を撮ります

女経

白い帽子の女

シング・ストリート未来へのうた

砂の器(午前十時の映画祭)

戦場のピアニスト(午前十時の映画祭)

早春

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(午前十時の映画祭)

ソング・オブ・ラホール

太陽のめざめ

築地ワンダーランド

ティエリー・トグルドーの憂鬱

ティファニー ニューヨーク五番街の秘密

天河伝説殺人事件

トーク・トゥ・ハー

ドクトル・ジバゴ(午前十時の映画祭)

ど根性物語銭の踊り

友だちの恋人

日本橋

野火

破戒

はじまりはヒップホップ

バック・トゥ・ザ・フューチャー(午前十時の映画祭)

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(午前十時の映画祭)

ハドソン川の奇跡

ハリーとトント(午前十時の映画祭)

ひと夏のファンタジア

FAKE

フラワーショウ!

プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ

ブルックリン

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

弁護人

ポセイドン・アドベンチャー(午前十時の映画祭)

ボルベール〈帰郷〉

ぼんち

満員電車

満月の夜
 

めまい(午前十時の映画祭)

モード家の一夜

モンパルナスの灯(午前十時の映画祭)

ヤング・アダルト・ニューヨーク

雪之丞変化

ラサへの歩き方~祈りの2400㎞

ランデブー

レネットとミラベル四つの冒険

ロイヤル・ナイト英国王女の秘密の外出

ロング・トレイル!

我が家は楽し

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日から韓国へ行ってきます | トップ | 外国人が好きな米国と、「イ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Rawan)
2016-12-31 15:06:24
バラエティに富んでいて羨ましいです。

ひとつ気になったのが「穴」で、これはニック・ハイム監督の2001年の英映画(the holle)でしょうか、それともジャック・ベッケル監督1960年仏作品の脱獄劇(LE TROU)でしょうか。
どちらも実際の事件がモデルでしたね。


新年もよろしくお願いします。
>Rawanさん (Bill McCreary)
2017-01-04 23:05:50
昨年は映画と旅の鬼になりまして、だいぶいろいろ見させていただきました。

>ひとつ気になったのが「穴」で、これはニック・ハイム監督の2001年の英映画(the holle)でしょうか、それともジャック・ベッケル監督1960年仏作品の脱獄劇(LE TROU)でしょうか。

実はどちらでもなく、市川崑監督の「穴」なのです。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=86353

市川監督の映画をまとめて観る機会があったので、観たという次第です。

>新年もよろしくお願いします。

こちらこそよろしくお願いします!
Unknown (Rawan)
2017-01-05 16:20:23
>実はどちらでもなく、市川崑監督の「穴」なのです。

おーっと、そうでしたか。

これは完全にやられました(笑
未見です。

>Rawanさん (Bill McCreary)
2017-01-07 22:58:35
市川崑の映画を集中してみる機会があったので見ることができました。わりと軽妙な作品でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL