ライプツィヒの夏

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

ローレン・バコールの死を悼んで

2014-08-14 00:00:00 | 美女探求

女優のローレン・バコールが亡くなりました。記事より。

>大女優ローレン・バコールさん、89歳で死去

映画.com 8月13日(水)15時0分配信

[映画.com ニュース] 米女優ローレン・バコールさんが8月12日、米ニューヨークのダコタ・ハウスの自宅で脳卒中のため死去した。89歳だった。

 バコールさんは1924年9月16日、ニューヨークシティ生まれ。モデルとして飾ったハーパース・バザー誌の表紙がハワード・ホークス夫人の目に留まり、19歳のときにホークス監督作「脱出」(44)で女優デビュー。

 同作で共演した25歳年上のハンフリー・ボガートと恋に落ち、45年に結婚した。ボガートとは「キー・ラーゴ」(48)、「三つ数えろ」(55)でも共演し、57年にボガートがガンで死去するまで連れ添い、ふたりの子どもをもうけた。その後61年から69年まで、俳優ジェイソン・ロバーズと結婚していた。

 バコールさんは、「ザ・ルック」と呼ばれた上目遣いの視線とハスキーボイス、知的な美貌の元祖クールビューティとして、ハリウッドの黄金時代を飾った。その他の出演作に「百万長者と結婚する方法」(53)、「オリエント急行殺人事件」(74)、「ドッグヴィル」(04)など。

 60年代以降はブロードウェイでも活躍し、70年のミュージカル「Applause」でトニー賞を受賞。また、78年に出版した自伝「私一人(By Myself)」はベストセラーになった。2009年には、長年の功績に対してアカデミー名誉賞を受賞している。

Wikipediaにものっていますように、彼女はイスラエル大統領(元首相)のシモン・ペレスのいとこです。彼女は1924年9月16日生まれですので、あともう少しで90歳になるところでした。

余談ですが、私もダコタ・ハウスの前を歩いたことがあり、そうするとその時わりと彼女と近い距離に私はいたのかもしれません。

上の引用に

>2009年には、長年の功績に対してアカデミー名誉賞を受賞している。

とありますように、彼女は主演、あるいは助演女優賞の受賞は果たせませんでした。

それでは、例によって彼女の写真を。夫であったボガードとの写真や、珍しい写真もお見せしましょう。

 

1956年の写真。フランク・シナトラドリス・デイと。

ではしばらく、ハンフリー・ボガードとの写真を。

しかし、ボギーって顔がでかいね(苦笑)。で、こうやって見てみると、彼ってあんまり背が高くないことがわかりますね。なお、IMDbによると、彼の身長は173cm、バコールの身長は、174cmとのこと。

アーネスト・ヘミングウェイとの写真。

百万長者と結婚する方法」の撮影現場にて。マリリン・モンローベティ・グレイブルと。ちなみにモンローは1926年生まれなので、実はバコールより年下。

同じ映画の予告編より。この作品は、実はシネマスコープのはしりの映画です(「聖衣」より、公開はおそかったが制作は早い)。

 

2010年のアカデミー賞授賞式にて。彼女は、亡くなる直前まで現役の女優でした。ローレン・バコールさんのご冥福をお祈りいたします。

 

Lauren Bacall(1924-2014)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンコク・ヤンゴン紀行(201... | トップ | このブログで以前記事にした2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL