ライプツィヒの夏

映画、旅、その他について語らせていただきます。
タイトルの由来は、ライプツィヒが私の1番好きな街だからです。

台南(あとちょっぴり台北)紀行(2016年8月)(1)

2016-10-01 00:00:00 | 旅(台湾)

8月に台南と台北に行ったので、その旅行記を簡単に書きます。5回予定です。韓国紀行が長すぎたので、涙をのんで短くします。羽田空港にて。ピーチ航空でのチェックインです。

そろそろ搭乗です。朝日がきれい。

飛行機に乗ります。ちょうどオリンピックで、吉田沙保里が決勝で負けたところをテレビでやっていました。私は見なかったのですが、周りの雰囲気で「負けたのかな」と思ったら、やっぱりそうでした。

台北の桃園国際空港に到着します。

バスで台北駅に到着します。朝ということもあったかもですが、バスの客は私を入れて3人でした。うーん、経営は大丈夫でしょうか? どっちみち近日中に地下鉄が通じるので、バスはお呼びでなくなる可能性が高いのかもですが。

朝食を食べていないので(LCCだから朝食はありません)、それならというので、中山駅近くの飲茶の店に行きます。熊本支援の意味でしょうか、キャラクターはいろいろなところで見かけました。地球の歩き方の台北編にも出てくる店です。台湾編には未収録の模様。どれも最新版の話。

おいしくいただきます。中途半端な時間でもお客の多い店です。24時間営業ですから、使い勝手はいいと思います。

台湾の女性もなかなかきれいです。

地下鉄に乗って西門駅で降ります。

こちらの店で、牛肉麺を頂きます。これを食べるために、先ほどの店では食べるのを少し控えたのです、って、そういうことをしているから私は太っているのです。この店は、こちらのサイトでご教示いただきました。このときの旅では、大変このサイトの情報が役に立ちました。

こちらの方は、麺打ちの名人の模様。

テーブルにもありますが、最初に金を払って注文します。当方麺だけいただければいいのですが、この店では、おかずも食べるのが礼儀の模様でしたので(実際のところは知りません)、砂肝めいたものを頂きます。

食べるフロアは2階にあって、この女性が切り盛りしています。

おいしくいただきます。台湾に行ったら、様々な店の牛肉麺をいただくと非常にいいと思います。

地下鉄に乗って台北駅に戻り、そこの近くにあるバスターミナルへ行きます。ここから台湾のさまざまなところへバスが走っているわけです。バスタ新宿のようなところです。新幹線ではすでに台南に行っているので、今回は社会勉強の意味合いもふくめてバスで行こうと考えたということです。

最上階の乗り場へ行きます。けっこう人が多い。

バスは台南に着きます。なおこのバスは、向かって左側が2列、右側が1列という、韓国のバスによくある仕様でした。2列のバスもあります。それは後日写真をお見せします。

 

ガイドブックの地図と、iPhoneで台南駅を目指します。

こういう風に犬がいたりするのも、台湾ぽいというか、東南アジア系の光景ですかね。

ようやく台南駅に着きます。Wikipediaによると、1936年にできたとのこと。確かに昔の日本の国鉄の駅の雰囲気があります。

駅至近の台南大飯店に宿を取ります。今回は、あえてまったく予約をしなかったので、だめなら違うホテルに行くつもりだったのですが、2泊分泊まれました。価格は、予約サイトで前の日以前で確認した価格より安かったので、予約より直接ホテルで話をするほうが安い場合もあるということなのでしょう。ここは、割といい宿です。前回2012年の旅の際も、ここに泊まりました。

それで、レセプションで、前回食べたいと思って食べられなかったレストランの予約を依頼します。明日の夕食は期待できそうです。

一休みしましたので、それでは台南の街を散策しましょう。

こちらのホテルが、台南大飯店がいっぱいだった時に泊まろうかと考えたホテルです。

こういうところは、いかにも台湾です。

うーん、いいですねえ、こういう雰囲気。

お、秤の専門店ですか。

なかなかいいですね。日本にもこういうお店、あるんですかね?

夜、路上に出たテーブルで食事する、これも暑い国では定番ですね。

ガイドブックに載っている店です。ここで食事します。

なかなか人気のある店です。

まさに究極のオープンキッチンです。この人は日本語が少しできました。日本人観光客が多いのでしょう。

少し並んでテーブルに着くことができました。牛肉スープとご飯をおいしくいただきます。

牛肉を、右のたれにつけて食べるわけです。

なかなか美男美女のカップルです。女の子だけ食べていました。

 街歩きはこれからです。

(つづく)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なかなかすさまじい内容だ | トップ | 台南(あとちょっぴり台北)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL