結婚披露宴司会者「みずの歩」オフィシャルブログ

ブライダルを通じて感じた、かけがえのない出会いや感情を素直にお話しております。

新郎新婦の気持ち・・・だけじゃない。

2017年04月18日 13時05分27秒 | 雑談
ブログはまた、ブランクができてしまいましたが、
春のブライダルシーズンです!
もちろん、幸せのお手伝いさせていただいております!

昨日は平日でしたが、
心温まる披露宴の司会をさせていただきました。

偶然にも新郎と母校が一緒だったので、
親近感をもちながらの打ち合わせ。
お二人の希望は「シンプルな披露宴」でした。
ご親戚のみだったこともあり、
ゆっくりお食事していただければ・・・ということでした。
とはいえ、いろいろご提案してみると、
新郎はやりたいことがあったようですが、
新婦はあまり乗り気ではなく。。。
最終的には、
・ウエディングケーキ入刀
・新郎家のみテーブルスピーチ
・ご両親様への花束贈呈
この3つのシーンは加えることとなりました。

最近は、シンプルな披露宴は少なくないんです。
お客様に負担をかけたくない。
写真を撮る時間がない披露宴にはしたくない。
私たちはそんなに目立たなくていいんです、などなど。

新郎新婦が披露宴にかける思いはそれぞれ。
同じように、出席される方も披露宴に対して、
いろんな思いを抱きながら当日を迎えられます。
新郎新婦のお気持ちを尊重するのはもちろんですが、
そのお気持ちが許す範囲の中でできる限りのことをして、
出席してくださった方々から
「いい披露宴だった」「出席してよかった」
と思っていただけるようにするのが、
司会者の役割だとも思っています。

進行の中で私が一番気にしたのは、テーブルスピーチでした。
本当に新郎家のみでいいのかな?と。
「新婦家は前に出て話すのは苦手な方が多いので。」
とおっしゃっていたので、新婦のお気遣いなのは重々承知です。
でも、親族代表のご挨拶も新郎家のみだったので、
新婦家の方がおひとりもお話しないのはもったいないなと思っていました。
もしかしたら、お話したい方がいらっしゃるかもしれません。
そこでお色直し中に、新婦のご両親様にうかがってみました。
すると、なんと3人もお話してくださることに!
しかもお二人を巻き込んだ余興までしてくださって、
会場を大いに盛り上げてくださったんです。
突然にもかかわらず、快くお引き受けいただいたご親戚の方々。
本当にありがとうございました。
ご両家の雰囲気が調和していくのを感じることができました。

その様子を、嬉しそうにごらんになっていた新婦のご両親様。
新婦は、大切な大切なひとり娘です。
ご両親様としては、「せっかくだから新婦家からも挨拶を」
というお気持ちがあったかもしれません。

おひらき後、新婦のお父様とお話をしました。
はじめにご挨拶したときには、本当に寂しそうだったのですが、
少し晴れやかなお顔になられていたような・・・そんな気がします。
口数の少ないお父様でしたが、
「お二人には幸せになっていただきましょう!」と言ったら、
「○○(新郎の名前)はね、とってもいい子だからな・・・」と。
嫁いでさみしい気持ちと、
幸せになってほしいと願う気持ちが凝縮されたこのひとこと。
お父様の素直なお気持ちだったと思います。

私はまだまだ未熟な司会者ですが、
新郎新婦とご両親様と出席される方々のお気持ちを大事にしながら、
これからも披露宴をつくっていきたいと強く思いました。
磨こう!感受性!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 54歳のバージンロード | トップ | ずっと秘めていた新郎の熱い思い »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL