結婚披露宴司会者「みずの歩」オフィシャルブログ

ブライダルを通じて感じた、かけがえのない出会いや感情を素直にお話しております。

披露宴はみんなでつくるもの

2017年05月23日 12時11分59秒 | 雑談
新郎は49歳、新婦は45歳。
ゲストへの思いも強かったのですが、
ご家族への思いも、とても強いお二人でした。

新郎が中学1年生のときにお父様が他界され、
それからは、お母様とお姉様が、
新郎を守ってきてくださったそうです。
「自分でもとても大事にされていたと感じています。」
とおっしゃるくらい。

新婦のご両親様は、
ずっとお嫁にいかない新婦を心配していました。
「いつになったら嫁に行くんだ!」
と、どなられたこともあったそうです。
だけど、自分がやりたい仕事をもう少しがんばりたい。
その気持ちを後押しして説得してくれたのが、
お姉様でした。

お二人ともお姉様に対しては、
すこし特別な思いがあるようでした。
そこで、お姉様と一緒に歩くシーンをつくることに。

色打掛で入場したあとは振袖へお色直しをした新婦。
この振袖は、今は亡き、おばあ様からの贈り物でした。
本当によく似合っていました!

新郎は紋付袴姿でお色直しがなかったので、
会場でお待ちいただいていました。

扉が開くと振袖姿の新婦が登場。
そこで、お二人のお姉様に、それぞれのエスコートを依頼。
新郎のお姉様が新郎の手をとり、
新婦のお姉様が新婦の手をとって、
お互いに歩み寄っていただきました。
そして、お姉様同士から、自分の弟を、妹を、託す。
4人でたくさん言葉をかけあって、手を握り合って、涙して。
最高のシーンとなりました。

ご両親様はどんなお気持ちでごらんになっていたのでしょうか。
それぞれの兄弟同士が手をとりあっている姿なんて、
なかなか見ることはできません。
安心してくださっていたらいいなと、思います。

新郎のお母様と披露宴中お話しする機会がありました。
お母様は、
「私ね、○○ちゃん(新婦)と本当の親子に見えるみたいなの!」
ととても嬉しそうに話してくれるんです。
「このまえも一緒にでかけたらお嬢さんとお母さんって言われてね!」
「二人で、”今は仲良しだよね”ってふざけているのよ。」
本当に無邪気な笑顔で話してくださる姿が私も嬉しくて!
ずっとずっと、このままでいて欲しいと願いました。

ご友人の皆様も盛り上げてくださり、
歌が上手な新婦を誘って「ららら/大黒摩季」を歌ってくださいました。
懐かしい!思わず一緒に歌う(笑)
本当は「愛をこめて花束を/スーパーフライ」を歌う予定だったのですが、
振袖のお色直し退場曲に新婦が指定していたんです。
それをお伝えしたら急遽変更して下さって・・・

しかしその後の、振袖お色直し退場でまさかの展開。
「愛をこめて花束を」にのせて二人で退場している途中、
突然スタッフがダッシュでマイクをとりにきました。
え?なに?なに?どうしたの??
聞く時間もなく走り去っていく先は新婦。
どうやら、新婦友人が「新婦に歌わせて!」とリクエストされたようです。
またタイミングよく、ちょうど扉の前でサビがくるところだったので、
私も思わず新婦へ
「○○さん(新婦)、ご友人からのリクエストです!
では、サビだけいきましょう!はいどうぞ~!」とか言ってました(笑)
新婦が乗ってくれてよかった。

それからドレスで入場したあとは、ご親戚からのカラオケ。
久しぶりに聞いた「いい日旅立ち」は心に染みました。
さらにその後、新婦のご両親様からも1曲。
「二輪草/川中美幸」です。
お母様、歌がとってもお上手でびっくりしました。
近くにお姉様もきてくださって、一緒に歌っていましたが、
お姉様もお上手で、きっと家系的な流れなんでしょうね。
よくわかりませんが、お姉様と一緒に私も盛り上がっていました。

歌い終わったあと、お母様がおっしゃっていました。
「私は肺を両方とも半分切除してから、はじめて今歌いました。」
声が出て、本当に嬉しいです。」
家族でひとつずつ乗り越えてきたことの重みを感じました。

おひらき後、私までもが、
とってもあたたかい拍手をゲストの皆様からいただくことができました。
本当に感謝です。
披露宴は、みんなでつくるもの。
出席される皆様、どうかご協力をよろしくお願いいたします!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ずっと秘めていた新郎の熱い思い

2017年04月27日 13時46分38秒 | 雑談
先日司会をさせていただいた新郎は、とっても穏やかで優しい方。
新婦が言うことはなんでも聞いてくれて、
プロポーズの段取りもすべて新婦が考えたものをそのまま実行したそう。

でも、実は新郎は、
「プロポーズをやり直したい」と思っていました。

大好きな新婦の思い通りに、すべて実現させてきたけど、
自分がしたかったプロポーズって、こうだったのかな…

そこで、披露宴の中で新婦へのサプライズで行うことにしました。

新婦は打合せのたびに「私へのサプライズはないの?」と、
自分へのサプライズを新郎へずっとリクエストしていて、
最後の打ち合わせの時も、
「みずのさんと会うの、これが最後だよ!サプライズは?」と(笑)
新郎はしきりに
「ないよないよ。ないのがサプライズ。」と繰り返すのみ。
まあ、新婦のいる前で言ったら意味がないのですが(汗)

そして迎えた当日。

「○○さん(新婦)には内緒にしていたのですが、こちらのムービーをごらんいただけますか?」
で、スタートした、新郎手作りのムービー。
まずは新婦のお母様と、新郎のお父様お母様から、新婦へ向けたメッセージ。
「空港で見送ったとき、もう日本には帰ってこないと思って覚悟を決めていたのに…○○(新郎)ありがとうね。」
と話す、新婦のお母様。
「こんな息子を選んでくれて、本当にありがとう。○○(新郎の名前)、あんた今から何泣いてるの!」
とビデオカメラを向けていた新郎に笑顔で激を飛ばした新郎のお父様とお母様。
本当に涙もろい新郎で、挙式の時からずっと涙ぐんでいたそうです。
披露宴でもお兄様のご挨拶だけで涙。
それだけで、新郎の人柄が伝わってきます。

新郎新婦は保育園の頃からの幼馴染なので、
お互いのご両親様とのつながりも長いんですよね。

そして最後に、新郎から新婦へのメッセージ。
新婦が大好きなコナンのコスプレをした新郎を見て、
笑いながらもしっかりムービーを見つめていた新婦。
「もう一度、プロポーズをさせてください。」

ムービーが終わって、ブーケをもちながら新郎が話してくれました。

どんな思いで新婦が日本に帰ってきてくれたのか。
その気持ちを、しっかり自分は受け止めていること。
もうすでに尻に敷かれていることはわかっているし、
これからもそれでいいと思っていること。
涙をいっぱいためながら、まっすぐ新婦と向き合っていました。
そして、
「保育園の頃からずっと好きでした。」
「僕が、あなたの、運命の人です!」
そういって、ひざまずき、新婦にブーケを差し出しました。
涙ぐみながら嬉しそうにブーケを受けとった新婦。
もう~絶対に幸せになって!と誰もが思ったことでしょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新郎新婦の気持ち・・・だけじゃない。

2017年04月18日 13時05分27秒 | 雑談
ブログはまた、ブランクができてしまいましたが、
春のブライダルシーズンです!
もちろん、幸せのお手伝いさせていただいております!

昨日は平日でしたが、
心温まる披露宴の司会をさせていただきました。

偶然にも新郎と母校が一緒だったので、
親近感をもちながらの打ち合わせ。
お二人の希望は「シンプルな披露宴」でした。
ご親戚のみだったこともあり、
ゆっくりお食事していただければ・・・ということでした。
とはいえ、いろいろご提案してみると、
新郎はやりたいことがあったようですが、
新婦はあまり乗り気ではなく。。。
最終的には、
・ウエディングケーキ入刀
・新郎家のみテーブルスピーチ
・ご両親様への花束贈呈
この3つのシーンは加えることとなりました。

最近は、シンプルな披露宴は少なくないんです。
お客様に負担をかけたくない。
写真を撮る時間がない披露宴にはしたくない。
私たちはそんなに目立たなくていいんです、などなど。

新郎新婦が披露宴にかける思いはそれぞれ。
同じように、出席される方も披露宴に対して、
いろんな思いを抱きながら当日を迎えられます。
新郎新婦のお気持ちを尊重するのはもちろんですが、
そのお気持ちが許す範囲の中でできる限りのことをして、
出席してくださった方々から
「いい披露宴だった」「出席してよかった」
と思っていただけるようにするのが、
司会者の役割だとも思っています。

進行の中で私が一番気にしたのは、テーブルスピーチでした。
本当に新郎家のみでいいのかな?と。
「新婦家は前に出て話すのは苦手な方が多いので。」
とおっしゃっていたので、新婦のお気遣いなのは重々承知です。
でも、親族代表のご挨拶も新郎家のみだったので、
新婦家の方がおひとりもお話しないのはもったいないなと思っていました。
もしかしたら、お話したい方がいらっしゃるかもしれません。
そこでお色直し中に、新婦のご両親様にうかがってみました。
すると、なんと3人もお話してくださることに!
しかもお二人を巻き込んだ余興までしてくださって、
会場を大いに盛り上げてくださったんです。
突然にもかかわらず、快くお引き受けいただいたご親戚の方々。
本当にありがとうございました。
ご両家の雰囲気が調和していくのを感じることができました。

その様子を、嬉しそうにごらんになっていた新婦のご両親様。
新婦は、大切な大切なひとり娘です。
ご両親様としては、「せっかくだから新婦家からも挨拶を」
というお気持ちがあったかもしれません。

おひらき後、新婦のお父様とお話をしました。
はじめにご挨拶したときには、本当に寂しそうだったのですが、
少し晴れやかなお顔になられていたような・・・そんな気がします。
口数の少ないお父様でしたが、
「お二人には幸せになっていただきましょう!」と言ったら、
「○○(新郎の名前)はね、とってもいい子だからな・・・」と。
嫁いでさみしい気持ちと、
幸せになってほしいと願う気持ちが凝縮されたこのひとこと。
お父様の素直なお気持ちだったと思います。

私はまだまだ未熟な司会者ですが、
新郎新婦とご両親様と出席される方々のお気持ちを大事にしながら、
これからも披露宴をつくっていきたいと強く思いました。
磨こう!感受性!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

54歳のバージンロード

2016年10月17日 12時29分13秒 | 雑談
司会者ブログ、かなり久しぶりの投稿です(笑)
お仕事をしていなかったわけでありませんのでご安心ください。
あ、もちろん12月、1月、2月と・・・司会のご依頼お待ちしております!


さて、先日の披露宴は、新郎新婦ともに50代の方でした。
近年は、年に2回くらい、
50代の方の結婚披露宴の司会をさせていただいています。
年下の私が言うのも失礼かもしれませんが、
本当に初々しくて、素敵なんです!

白無垢でも、ウエディングドレスでも、
花嫁衣裳を着ると、年齢関係なく『新婦』なんですよね。

人生の先輩でもあるお二人の結婚披露宴。
本当に楽しみにしていました。

ひたすら、余興と祝辞で綴る2時間30分!
ご列席された方のほとんどが前に出てくださいました。
フリータイムなんてあってはいけない(笑)
とにかくにぎやかで、
聞けば、昨日の夜から宴会が始まっていたとか。
ご親戚もご友人も、かなり楽しみにされていたそうです。


そんな披露宴が始まる前、
お母様のお写真を、そっとテーブルに飾った新婦のお父様。
お母様は、一家のムードメーカーだったそうです。
新婦も「母のようになりたい」と、尊敬されていました。

ずっと東京で働いていた新婦ですが、
お母様の介護をするために新潟へ帰郷。
打合せをさせていただいた日は、
新婦が新郎のもとへ引っ越した翌日でした。
「ひとりになった父が心配です。」

同じ新潟県内でも、
すぐに駆けつけられる距離ではありません。
ごはん、食べてるかな・・・。
洗濯、してるかな・・・。

そんなお話をうかがっていたので、
寂しさを抑えて、
快く送り出してくださったお父様の笑顔は、響きました。

最後の両家代表謝辞は、新婦のお父様。
涙を必死にこらえながら伝わってきたことは、
娘を大切に育ててきたお父様とお母様の思いと、
どうかこれからも幸せな人生を歩んで欲しい、
という願いでした。

おひらき後、
新郎のお母様と、新婦のお父様から、
ご丁寧なご挨拶をいただきました。
ご友人の皆様からもたくさんお声をかけていただき、
私も仲間に加えていただいたような錯覚が嬉しかったです。

年齢を気にされて、式を挙げない方もいらっしゃいますが、
まわりの方は、きっと喜んでくださいます。
いろんなことがあるこんなご時世だからこそ、
一緒に「おめでとう!」とお祝いできる時間があるのは、
とても幸せなことなのではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ははごころ

2016年03月14日 16時45分33秒 | 雑談
週末も、皆さんの「愛」がたくさんあふれる披露宴の司会をさせていただきました。
新郎新婦からゲストへの気持ちと、ゲストから新郎新婦への気持ちが、
お互いに大きな波みたいに押し寄せる感じ!
(こんな表現でいいのかな・・・汗)

特に、新婦のお母様の思い入れが半端じゃなかったです。
ウエルカムボード、リングピロー、ウエルカムグッズ、
高砂席後ろに飾った大きなお花のリース、
折鶴シャワーの折鶴にブーケとブートニア。
さらにお席札やお席においたお花のコサージュまで。
全部!新婦お母様が手作りされていました。
当日はお二人に内緒で、お二人のお席札の内側にお母様からのメッセージが。
席札裏にびっしり書かれたメッセージは、恐れ多くて拝見できなかったです。
きっと、新郎新婦への素直なお気持ちが書かれていたことでしょうね。

いつも笑顔で、とっても明るくて気さくで素直で・・・
もういいところしか浮かばない新郎新婦!(笑)
打合せが本当に楽しかったので、当日を迎えるのがちょっと寂しかったりしていました。
でも、そんなお二人を育てられたご両家のお母様にお会いするのもとっても楽しみでした。

新郎のお父様は他界されていて、お母様はお写真を持ってきてくださいました。
テーブルに、やさしい笑顔のお写真をおいて、
一緒にずっとお二人を見守ってくださっていました。

新婦のお母様は、女手ひとつで、新婦とお兄様を育てられました。
一本芯が通っていて、すごくさっぱりした方、というのが第一印象。
お話をしていると、言葉の端々に娘への愛情が感じられて。

お二人ともご家族から、愛情をたくさんいただいたんだなと実感しました。

ご家族だけでなく、ご友人も最初から会場を大いに盛り上げてくださいました。
いろんなつっこみと鳴り止まない拍手。
職場の上司の方も、自分の娘と息子を送り出すようなお気持ちで祝辞を述べてくださいました。

皆さんの大きな愛情に会場がすっぽり包まれている、
そんな時間だったような気がします。

最後の花束贈呈では、
新婦がお手紙を読む前から、ハンカチを顔にあてていたお母様。
お手紙には、新婦の素直なお気持ちがつづられていました。
お母様の愛情の深さや、
それを受け止めて成長してきた新婦の強さを感じることができたように思います。
お手紙を読み終えるとき、
涙をこらえながら、声を絞り出すように、新婦がお母様に告げた、
「お母さん・・・・・・大好き。」
この瞬間、きっとお母様の心の中には、
新婦がおなかの中にいるときから今までのことが、
走馬灯のように駆け巡ったんじゃないかと思うのです。
無邪気に笑う娘の顔しか浮かんでこなかったんじゃないかな。

おひらき後、新婦のお母様とお話しさせていただきました。
「お母様、おめでとうございます!でも・・・さみしいですよね。」
と私が言うと、こそこそっと、私に顔を近づけて、
「そうなのよ!おめでとうっていわれても、ほんとは離したくないのよ!」と(笑)
・・・お母様、わかります!!!

お母様がずっと注ぎ続けてくださった愛情が、
これからもお二人を支え続けてくれることでしょう。
必ず、幸せになってくださいね!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加