re-neco

市民ブロガーnecoのフットサル雑記

ディフェンスラインの意識。

2017-05-26 | フットサル
今シーズンの観戦予定の調整に、頭を悩ませています。necoです。
ブログを再開させた時になんとなく書きましたが、実を言うと私、自律神経の調子が悪いのです。いろんな症状があるんですが、今一番大変なのは、疲れると全身が痺れて、うまく力が入らないような感じがすることです。
なのでもう自分でフットサルをプレーすることはできませんが、じっと座って観るだけなら大丈夫なので(こないだ1日5試合観ても元気に帰れましたので(笑))、できるだけたくさん観に行きたいんですけどねー。
楽しい悩みですよー(笑)


さて。
こないだ観た千葉県2部の試合で、気になったことがありましたので、今回のテーマにしたいと思います。
そう。『ディフェンスライン』です。
サッカーを知っている人ならわかると思いますが、ディフェンダーが数名横1列に並んで、全員揃ってポジションを上げたり下げたりするアレですね。フットサルではフィールドプレイヤーの人数が少ないので、1人でも『ライン』と考えます。

こないだ観た試合に対するコメントで、「マンマークディフェンスのラインが高かった」と書きましたが、そういう傾向があったチームは1つではなかったです。
フットサルには、サッカーと違って『オフサイド』はありません。なので、ディフェンスラインが高くなると何が起こるかというと、ゴール前の空いたスペースに、ディフェンスの頭を越すような浮き球のパスを放り込まれてしまい、相手チームにシュートチャンスを与えることになるのです。
ディフェンスの頭を越すような浮き球のパスを入れられてしまった場合、ディフェンスは振り向いて、ボールを追い掛けなければいけません。この『振り向く動作』というのが、動きのロスにもなりますね。ディフェンスが後手になってしまいます。

ディフェンスには、大きく分けて『マンマーク』と『ゾーン』の2種類がありますが、『マンマーク』の場合、オフェンスがまだ上がってきていないうちからマンマークを意識し過ぎると、ラインが高くなってしまうので、できれば一旦しっかり自陣に下がってゴール前のスペースを消し、相手がハーフラインを超えた辺りからマッチアップを意識するようにすると良いでしょう。

とはいえマンマークは消耗が激しいので、一旦ゾーンの形を作ってから、オフェンスの動きに合わせてマッチアップしていくのが私としては理想かな、と考えています。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関東フットサルリーグ2部の日... | トップ | 明日は関東フットサルリーグ2... »

コメントを投稿

フットサル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。